スポンサーリンク
透析年数の少ない人はまだまだそれほどでもないと思いますが、10年もの間透析していると、様々な患者さんに出会います。
そして、諸先輩方の死に直面しますね。

中にはまだ若くて先に逝かれる人もいますし。

自分より後から透析を始めたのに、既にこの世を去った人もいるでしょう。
そうなってくると、そろそろ自分もヤバイのか?
という不安が頭をよぎります。
知り合いの患者さんの中には、透析ではまだまだピンピンしてたのに、交通事故で亡くなってしまった50代の人もいます。
電柱にぶつかったらしいのですが、恐らく運転中に何らかの異変が起きたのやも知れません。

もうね、色んな人がいましたよ。
増え幅が物凄く多いのに、20年透析していまだ元気な人もいますし、逆に、凄く摂生してたのに10年もしないうちにお亡くなりになった方もおられました。

ん~(-_-;)
ほとんど運ですな。

脳梗塞とか防ぎようがありませんからね。
(摂生してたのにお亡くなりになられた人は脳梗塞でした)

血圧が高い時期があって、入院されたかと思ったら、半年くらい寝たきりになられてそのまま逝かれました。
60ちょい過ぎくらいの人でしたな。

入院中は何度か透析終わりに見舞いがてら病室に伺いましたが、最後の頃は会話も不能になってました。

今の病院でも、帰りの送迎車にたまに乗って来る近隣の50代の方がおられましたが、一昨年お亡くなりになられましたし。

ちょっと前まで普通に話していたんですけどね。
それが、ある日いなくなったと思ったら、お亡くなりになられてたと・・・。

ビックリしますよね。
何で急に???

DSCN1504


今の所、よく見かけるパターンは、入退院を半年から1年くらい続けながらの人と、ある日突然の人に分類されますね。

まあ、僕もそうやって自分の死ぬ時に対して色々思う訳です。

入退院を繰り返し、ボロボロになるまで中々死ねないパターンはイヤだな。
でも、こればっかりは分かりませんからね。

ある日突然、急に心臓が痛くなって10秒くらいで死ねたら、それが1番いいような気がしますが。
まあ、そう思うように事は運ばないでしょうな。

そう言えば、先日のPTAの際、エコーで見ただけでも、シャント周辺域に血管内石灰化が起きてましたな。
もちろんシャントを作って太いカーブがある部分にそういった石灰化などは起きやすいのですが、アレが脳や心臓に出来たら一体どうなるのか?

と、不安になりますな。

普通はそう簡単には出来ないそうですが、他で石灰化が起きてたんなら、ちょっと心配になりますよね。

おお!
こりゃ、僕もそろそろヤバイ時期に差し掛かっているのか?ってなります。

あはは(^◇^)
なのでね、ことさら、血液データとかはしっかり見てますよ。

まあ、焦っても意味ないですけどね。

人間、死ぬときゃ死ぬ!
とでも思っておくしかありませぬ。

と、思ってたら、運よく腎臓の移植順が回って来る人もいたりしますし。

何が起きるかは分かりませんからね。

あはは(^◇^)
もう、変な事は起きないで欲しいですけどね。

さすがにもう転院とかは出来ないし。(香川の東地区にそれほど透析病院はないですから)
まあいいでしょう。
今の透析施設ですと、女医さんだらけなのでね。
そういう死に方も良いかも知れませんな。

あはは(^◇^)
そういう時に限って、別の病院に入院してたりして(*'▽')

まあ、最後は香川医大か県立中央病院だろうな~。

どっちもきれいな病院なので快適ではあるんですけどね。

しかしですな、最近、なんか人工腎臓の新しいのが出来そうだっていう話があるんですよね。


(みんな健康 Facebookより)


これですな。

これ凄いですよね。
こういうのが出来るとはΣ(・□・;)

こりゃ、「死ぬ」とか言ってないで、もう数年頑張るしかありませぬな。

そのうちこれが日本にやって来るのでは?

色んな問題が解決できそうですな。

透析者さんたちを中心に、ソーシャル上でシェアされまくってるのを見ました。
これを見て、生きる希望を見出した人は多いのではないでしょうか?

こりゃあ、皆さん、まだまだ生きていけるかも知れませんよ。



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援投票をよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
面白ブログ満載のランキングサイトへつながりますがそれで1票が入ります(*'▽')

        スポンサーリンク