スポンサーリンク
まあ、こういう事を言うと、お世話になってる医師に申し訳ないですけどね。

僕もこのブログを立ち上げて1年2か月が経過しております。

その中で、ここのメッセージやTwitterのダイレクトメッセージに投書めいたものが送られてくる事が何度もあります。
その中には、その病院の医師のせいでこういう目に遭った!のようなものも混じってますな。

ただ、何病院の何ていう先生か書かれてなければ、こちらも調べようがありませんのでね。
答えの返しようもなかったりします。

そういう中で多く見られるのは、
「医師の見栄、プライド」といった言葉ですな。

最初の方針を不都合な事が出て来た後も一切変えずに、柔軟性の欠いている治療を続けられて、体調が悪くなった!という事です。

ん~(-_-;)

まあ、患者側だけの一方的意見だけで語る訳にもいかないんですけどね。

実際、そういう事は些細な部分ではよくあると僕も感じます。
ただ、患者の生死や病気の治癒に関わる事に関して、そこまで強情な医師も少ないです。

良かれと思ってやっていたことが、逆効果になってしまうような事もあるでしょうし、患者が医師の諸注意を100%守ってなくて悪化するケースもあります。

また、医師でも医学では手の施しようがない場合もあるでしょう。

一概に、医師の判断ミスをあおるような書き方はなかなかできませんのでね、中々取り上げて来なかったんですが。

ただ、そうはいっても、絶対に無い話でも無いというところに問題がある訳でしてね。

僕の経験上でも、今僕が関わってる医師にさほど変な人はいませんが、かつては何人かいた訳でしてね。

僕の中では医師は全員プロだが、サッカーのようにJ1レベル、J2レベル、J3レベルという風にランク分けは出来ると思いますね。
患者の病気を見抜き、適切な治療方法を設定できる医師もいれば、自信なさそうにコロコロ方針が変わって怪しい医師もいます。

まあ、医師にも専門がありますし、意欲的な医師もいれば、日々流されて仕事してるような医師もいますからな。

それぞれ個々の人間性にも左右されてしまうでしょうな。

DSCN1424


一般人の中にも真面目な人もいれば、おちゃらけた人もいますし、人それぞれですのでね。
医師にもそれぞれ人間性があるのでしょうな。

僕のであった医師の中には、「オヤジギャグ」は超1流だけども、医師としては2流、だけど、親しみやすさは1流という感じの医師もいましたな。

重病の時はあまり頼りにならないですが、軽症の時はホントに楽しい医師で、返って元気になりましたな。

まあ、こちらも、医師の技量を見ながら、使い分けていくしかありませんな。

手術するならこの医師に。
診察してもらうならこの医師に。

という感じですな。

手術の時はそれこそ人間性なんてどうでもよく、手術の腕前だけがレベル高ければ良い訳ですが、普段受診する先生は目端が利いて賢く、親しめる先生のほうが良いですな。
手術の腕は関係ないですから。

ある意味、僕ら透析者は、普段から命がかかっていると言っても過言ではないですからな。

できれば、腕や人間性に関係なく、この医師に全て預けようという気持ちが必要ですな。

言ってみれば、この医師で治せなかったら仕方なし!という感じでお願いするしかありません。

そういう意味では、透析に詳しく、ちょっとしたCT画像や血液データでの小さな異変も見逃さず指摘し、治療してくれる先生が望ましいですが。

まあ、そこら辺の感覚でしょうな。
さすがに神ではありませんからな。

全ての病気を治せる医師もいないでしょうから。

ネット上でも、医師に対する不信感をあらわにした書き込みはたまに見受けられます。
そこで、どういった治療がなされてそうなっていったのか、とても気になりますな。

一方で、重病から立ち直っていった記録も多く存在するのですな。
そこで優秀な医師の話も多く出てきます。

医師は全員プロですが、その中には何重にもレベルというのが存在しており、我々患者側は、どの病院でも一緒だとか言わずに、面倒でも信頼の少しはおける医師に診てもらった方が精神的にも良いですな。

また、こちらがどういう治療をして欲しいかにもよります。
投薬治療が上手な先生もいれば、手術の腕があり、スグ切りたがる先生もいます。
こちらが、手術は避けたいのに手術好きな先生に診てもらう必要はありませんし、切って即座に治したいのに、わざわざ投薬治療のうまい先生に診てもらう必要はありませんね。

今の時代はそうした情報も必要ですな。

ん?
って思う事があるのなら、早めにセカンドオピニオンを受ければ良いのだし、任せられると思うなら信じて先生の言う事を聞くのみですな。

結局は、患者側がしっかりしてないと、思わぬ結果もあり得ますのでね。
治ると聞いていたのに、悪化して長期化したなんて話はいくらでもあります。

そういう失敗談もよく見ておくといいですな。

大体、初診の時点から先生の悪口になってたりします。
何でその先生にずっと診てもらったんだろう?
と不思議に思う場合もあります。

ん~(-_-;)
僕は思うんですな。
腕の悪い医師でも病院はソコソコ患者がやってきます。

ラーメン屋とかだったら、まずいラーメン屋はあっという間に潰れますな。

ところが病院は腕ウンヌンで潰れるという事が少ない。

患者側がもう少し、皆で団結して、優良病院を選んでいく姿勢が欲しいです。

なぜ、そんな疑いが多い病院にあんなに患者が集まるのか?

そういう時代からの脱却が必要ですな。



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援投票をよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
面白ブログ満載のランキングサイトへつながりますがそれで1票が入ります(*'▽')

        スポンサーリンク