スポンサーリンク
皆さんもご存じの方は多いと思います。
世界最強の車いすテニスプレーヤー国枝慎吾(1984年2月21日生まれ)さんを。

彼は9歳の時、脊髄腫瘍により下半身麻痺となり、それ以来ずっと車いすを余儀なくされました。
小学6年から車いすテニスを始め、2003年に日本一、2004年アテネパラリンピックでダブルスの金メダルを獲ると、2007年には、全豪、全仏、全米オープン、シングルスで優勝し、世界最強の車いすテニスプレーヤーとなります。
しかし、2011年頃から車いすテニスはパワープレイの時代に突入。
華麗なテクニックで世界を魅了してきた国枝選手も、フランスのステファン・ウデ選手の強烈なパワーサーブの前に屈してしまうようになります。

その後、度重なる猛特訓で更にテクニックに磨きをかけた国枝選手とウデ選手との死闘は、ヨーロッパでは伝説となっています。
ウデ選手のパワーサーブがさく裂しサービスエースを連発され、苦戦してしまいますが、国枝選手も「何万回も打って打って打ちまくって来たんだ!しっかりしろ!」と自分を鼓舞し、スーパー美技で立ち向かいます。
ついに国枝選手の超美技がウデ選手のパワーを凌駕し、世界最強の座を取り戻しました。

2014、2015も全豪、全仏、全米を制覇し、シングルス100連勝など輝かしい成績を収めています。

この国枝選手の頑張りはとてつもないです。
我々、透析患者にも相通じるものがあります。
彼の努力に比べれば、僕などとてもとても・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

もう、頑張るしかありませんね。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


↓1日1クリックして投票して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

↓こちらも1日1クリックして投票して頂けたら嬉しいです

人工透析 ブログランキングへ
        スポンサーリンク