スポンサーリンク
僕は山の中の子ですからな。

小学校の同級生は33人しかいないんです。
1学年1クラスです。
僕の世代は昭和42年生まれですから戦後3番目のベビーブームの時の子なんですが、僕の1個上の世代は丙午(ひのえうま)世代ということで、確か14人とかしかいなかったですな。

その同級生33人のうち昨年1人、今年1人が病死しました。

昨年、お亡くなりになった竹馬の友は、もう15年くらい前でしょうか?

大阪で倒れて連絡が取れなくなったという事で1個違いの弟が様子を見に行ったらしいんですが、家で倒れてて長期入院したようです。

何だったのかは聞けませんでしたけどね。

その後、こちらに帰り社会復帰してたんですけどね。

彼の家は僕の住んでるところから、更に山の中に入っていくんですけど、そこで倒れて亡くなってたそうです。

最後の頃は病気が悪化していたと思われますな。
何の病気だったのかが分かりませんけどね。

何度も倒れてた事、最後の数年は見かけなかった事などから、相当な疾患を抱えてたと判断できますな。

一方、今年亡くなった友は、僕がちょうど透析を始めた頃、脳梗塞で救急搬送されたらしいのですが、それ以降会ったのは1回だけでした。

家で田畑を世話していたようですが、2年くらい前に知り合いがバッタリ会ったらしいですが、脳梗塞が進み、かなり受け答えが出来なくなっていたと聞きました。

という事から、脳梗塞でお亡くなりになったものと推測できますな。

まあ、38歳で透析になった僕が1番最初に死ぬものと思ってたんですけどね。
世の中、分からんもんですな。

彼らと共通点があるとすれば、若い時、都会で一人暮らしの経験があるという事でしょうか?
僕は太ってましたが、彼らは細身ですからな。

一人暮らしで食生活などに問題があったのでしょうか?

a0002_006356


僕の場合、高校を出た後、東京に2回進出してるんですな。
1度目は専門学校に行き、就職が決まらなかったので1度こちらに帰ってきました。
1年半ほどして東京で就職が決まり、再び東京に行った訳です。

1度目の東京での1年間は、北新宿の2万6千円のアパートに住んでまして、北新宿の丸正で買って来た肉などを焼いて食べてましたな。

もうね、ただ肉を焼くだけ。

そういう食事ばっかりしてました。

1年たって四国に帰ると、体調が悪くなってましたな。
なのでね、そこから料理を覚えたんですな。

2度目の東京進出時には、何でも作れるようになっていました。

こういうのがモノを言いますな。
当時、コンビニのセブンイレブンがまだ本当に7:00~23:00の時代で、徐々に深夜営業に変わる頃の時代でしたからな。

彼らはコンビニ弁当ばっかり食ってたのかも知れませんな。

食ってるモノは何気に大きいかも知れません。

確かに、僕は透析を始めて色んな患者さんを見てきましたが、当時、これからは透析になる人も増えていくんではないかと危惧しておりました。

コンビニ弁当やファーストフードは体に良くなさそうでしたが、そういうのをメインで食べている人は多そうですから。

そういう気がしておりました。

僕は糖尿病は持ってませんが、糖尿病患者は316万人もいるそうですな。
中には1型の生まれつきの人もいるんでしょうけどね。

実際はイメージとは違うんですけどね。

昔は大酒のみがなる病気でしたからな。
今でもそういうイメージを持ってるかも知れませんが、実際は全然違いますから。

現代食生活は、普通にやってても確実に人の体を蝕むようです。

まあ、亡くなった2人は中高とやんちゃでしたからな。
自分の体に過信があったかも知れません。

倒れて初めて病院に行ったんでしょうな。
僕も意識不明になり、そこからは病気のオンパレードでしたから。

ただ、そこからは入院に次ぐ入院でしたが。

過信と食生活。

そこから大変な事が起きるのかも知れません。

まあ、昔は人生50年とか言われてましたから。

同級生が死んでしまう年齢に差し掛かって来てるという事ですな(-_-;)



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク