スポンサーリンク
今月の東京行きなんですけど、深夜バスの予約でですな、行きは「3列独立シート」という1列が3席で1個1個別れて独立したタイプのバスが取れたんですけどね。
帰りは日曜の夜というのもあってか、それが取れず(-_-;)

帰りは4列シート(通常の田舎バスのような2席セットになってるタイプ)で、しかもトイレは付いていないそうです。

「すいません、トイレ付いてないんですけど、大丈夫でしょうか?」

ん?
僕、透析患者ですけど('▽'*)ニパッ♪
「おしっこ」の苦労が無いというのがプラスになる場合もあるんですな。

1月に徳島の神社や寺に行った際には、母はバスが止まるたびにトイレに行かなきゃならない状態でしたが、僕は不要ですな。

トイレが必要なのは、腹の調子でも悪い場合のみです。

「おしっこ」はまず必要になる事はありませんな。

透析6年目以降、尿量がほぼゼロになりました。

まあ、僕の場合は透析導入を引っ張り過ぎたというのもあるかも知れませんな。
ざっと見たところ、中には透析15年でもまだ多少の尿が出てた患者さんも見た事があります。

逆に導入のタイミングが僕より遅かったという人の中には、もっと早くに尿量ゼロになった人もいます。

そこら辺も多少は関係していると思いますけどね。

健康な方はそこら辺がよく分からないと思いますが、腎不全とはそういう病気ですな。
腎臓は尿を膀胱に送り込む役目もしてますからな。

血液中の老廃物や水分を膀胱に送り込んでいるのです。

当然、腎臓が機能しなくなるという事は、出なきゃいけない尿の一部が出なくなりますのでね。
それが体に溜まって、「むくみ」となるんですな。

DSCN1845


そういう事ですので、おしっこが出ないからと喜んでる場合じゃなく、人工透析を受けなければ2週間も持ちませんからな。
僕の周りの患者さんでも、透析を1年以上経験してる人で、何らかの理由で透析が出来なくなったり、都合でやめたりした人の中で、1番長く生きれた人でも11日でした。

通常は「1週間」って言いますよね。

ですのでね、透析患者さんというのは他の病気の方と違って、個人情報は保管されておりますな。

災害の時に誰が透析を受けてるか分からないと、死者を出してしまいますから。

生きのびてるのに、避難先で体調を崩されると困りますし、臨時透析の手配も必要なんですな。

各病院ごと、各患者会ごと、各自治体ごとに透析患者さんの名簿がありますよ。

さすがに「私は透析患者」と偽って、障がい者1級となり、保険や医療を受けてるという人はいないと思いますが、仮にいたとしても震災などで簡単にバレてしまいますな。
逆に言えば、別に何の利にもなっていなくても、例え冗談でも健康な人が「私は透析患者」などと偽ればそれだけで詐欺罪が疑われる結果となりますな。

それだけ受けられる恩恵の多い障害ですから。

何かのたくらみがあるという事で、警察にマークされますな。

さすがに透析となると、そういうシステム上の分かりやすさがあるので、詐欺は通用しない世界ですけどね。

前にあった耳の聞こえない音楽家のように、障害が無いのにあると言って障害年金を受け取る人もいない訳ではありませんのでね。
(あの方の場合は、正確にはあったけど緩和した!が正解のようですが)

まあ、何でこんな話をするかと言えば、僕のブログの中には人気の記事で「頑張れ!透析ブログ」っていうのがあります。

そういう事で、今なお新たな透析ブログ探しというのはずっと続けてるんですよね。

ランキングやアメブロコミュニティなどに参加してるブログはたどり着けますが、そういう中には入ってないブログも多々存在してまして。

もちろん、更新が長く途絶えてるのもあれば、まだ開設して2~3か月というのも新たに見つけられる事がよくあります。

昨日ね、透析から帰って、そういう透析ブログ探しを検索エンジンでしてると、とんでもない透析ブログを見つけちゃいました。

腹が立つんでリンクは貼りませんが、全く無名なところから、透析患者を名乗って透析患者を罵倒するブログですな。
ちょうど長谷川論が起きた辺りから10記事ほど書かれてるので、それに便乗した透析患者じゃない人がしったか振りして透析の事を書いてるんですな。

まあ、書いてる内容は長谷川豊が書いてるような内容でしたが。
多分、そのアナウンサーと同じような感性の人が書いたものでしょうな。
ああいうのはただの誹謗中傷ですな。

例えブログでも、透析者じゃ無い者が透析者を名乗るという事の危険を解いておかないとね。
そういうとんでもない事を拡散しようとしても無駄です。

透析患者というのは意外と多くの行政からチェックを受けてます。
透析者でも無いのに、そんなつまらない目的で透析者を名乗ってると、とんでもないしっぺ返しが来ますよ。

まあ、他には無いと思いますが、もしそういう人がいるとしたなら、早めに撤退しといたほうが賢いでしょう。
なぜ偽ってるのかを疑われる事になりますからな。

さすがに今まで透析患者のなりすましで障害年金の横領をしたという話は聞いた事がありませんけどね。
今の時代です。
色んな支援が存在しており、それぞれ不正受給などをする人が絶えませんので、特殊環境である透析者になりすます行為はとても危険です。

というのを分かっていただいて、そういうつまらぬなりすましが出ないように我々も見張っておかなければならないでしょうな。
それでなくても、透析者の医療負担を増やす方向で政府が考えている状態ですから。

透析ではありませんが、昔、ガン患者さんのブログで詐欺はありました。

「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除

こういう例もありますからね。

もしも透析から不正受給などの詐欺が出たら、一気にそういう話が具現化してしまう場合もあるのでね。

まあ、そう思ったので、たまたまたどり着いた変なブログのせいで、色々考えさせられましたという訳です。
余計な気苦労で終われば良いですが。

これまでの透析患者さんたちが命を懸けてこの医療負担にしてくれたのに、やはり我々の手で守っていかねばなりませんからな。

前に、
「透析15年、週に2回テニスで汗を流しています。」と語っていた患者さんと口論になった事があります。

その患者さんは患者会があるにもかかわらず入っていなかったからです。
その週2回のテニスを1回にして患者会活動をしたらどうか、と僕が言った事でクレームが来たのですな。

みんなヘロヘロになって頑張って活動してるのに、そんな元気な人が活動してないとは(-_-;)
ボロボロになってるならともかく、透析10年たっても元気な人は、やはり活動の支援くらいはしないと。

あはは(^◇^)

そう言えば、随分前ですが、Twitterに来た嫌がらせで、
「俺は香川で透析21年受けてる者だが・・・」的なメッセージで文句を言って来た人がいました。

ほう。
透析環境の遅れてる香川で21年も透析受けてる男性なんて、何十人かしかいませんけど?
どこの病院ですか?

と聞いたら、それ以降音信不通となりましたな(^◇^)

アレもどうせウソなんでしょうな。
まあ、そんなウソついてると、詐欺師かと思われますよ~(*'▽')



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク