スポンサーリンク
アレってどっちがいいんだ?

低反発マットレスと高反発マットレス。

どっち?

こうした逆の良いモノっていうのがありますよね。

当然、透析でもあるみたいですよね。
結局、自分の体に合ってないと、おかしな症状が出てくる。

透析仲間でブロガー仲間の「ぽんはは」さんはいまだに熱が出るみたいですな。

ん~(-_-;)

透析後に熱が毎回出るっていうのは、なんでしょうか?

これって絶対何かが合ってないか、もしくは軽めの感染症が起きてるかのどっちかですよね。

僕は過去3病院を渡り歩いてますが、透析後熱が出るというのは無いですな。

透析は7月で11年になりますけど、熱が出たのはインフルエンザに感染した時だけです。

似たような症状があったという人の話では、なぜか転院して別の病院に行ったら無くなったという事を聞く事がありますし。
何かが合ってないのではないかと。

としか言いようがないですな。
何が合ってないのかが分からないので、明確な回答が出来ないんでしょうな。

感染症となれば、モノのよっては病院にも責任がある場合も考えられますし。

例えば、僕が持ってる「造影剤アレルギー」も実際は医師は分からないというスタンスです。
と言うのも、金曜日の透析後にやった造影剤による検査で、出たのは土曜と日曜の間の深夜でしたからね。

丸1日以上たってアレルギーが出たとなると、「造影剤」でのアレルギーかどうかは確定できないみたいです。

顔が腫れあがりましたからね。
じんましんがあんなに出たのは生まれて初めてでした。

一応、造影剤アレルギーなのかも知れない・・・というスタンスになってます。

3度目の心カテの時は、抗アレルギー薬を点滴で流しながらのモノになりました。
表立ってじんましんは出ませんでしたが、かゆみはかなりありました。
(まあ、気分的なモノかも知れませんが)

a1320_000227


結局、あのじんましんが造影剤だったかどうかは、また造影剤を使ってみるしか方法はないかも知れませんな。

しかし、アナフィラキシーでも起こしたら大変ですからね。

昨年末のPTAも主治医が果敢にもエコー下で行いました。
造影剤は使わず。

要は、出る想定で対策を取ってやってみるか、最初から危険性のある事は避けるか?
の選択を医師は迫られるんでしょうな。

3度目の心カテでは、医師が対策を取って行いましたし、4度目の心カテは先生がやらないと決めました。
それぞれ別の先生です。

PTAでは造影剤を使わないパターンでやりましたし。

結局、「造影剤アレルギー」があるのかどうかは明確にはなってません。

同じように「ぽんはは」さんの透析後の熱っていうのははっきり分からない症状なんでしょう。
透析スタイル(オンラインとか)を変えると案外治ってしまうかも知れませんし。
そうなると、今やってる透析スタイルが合って無かったという事になりますな。

「モノは試し」みたいなやり方はあまり医療の世界ではやってくれませんからな。
原因究明が出来にくいです。

まあ、感染症もぷーたろーさんのような例もありますし、僕ももっと酷い人を見た事があるので、ぽんははさんの場合は違うかもしれませんし。

まあ、素人の僕に分かるくらいなら、医師が発見してるでしょうし。

そうそう、透析では、よく透析前や穿刺時に看護師に自分の症状を訴えるケースがあると思います。
例えば、透析前に熱があったりする場合は、本来は透析を受ける前に受診しておく必要がありますな。

なので、受診しないで透析を受けるというのは良くはありません。
もしも、インフルエンザだったりしたら周りの患者さんに感染させてしまうかも知れませんからな。

そういう事も踏まえて、看護師さんたちは診察は出来ませんから、
「余程に悪い症状か、余程に心配するなら、診察を希望するだろう。」という感覚があるんだと思います。

「うな重3つのおっちゃん」は、よく腹の具合が悪くなるんですけどね。
透析前に看護師さんに申し出てるみたいなんですけど、要は胃腸薬を出して欲しいというだけなのですな。

で、看護師さんが、
「診察を受けて下さい。」というと、
「それだったらいいです!」と診察は一切受けない。

診察を受けないんだったら、大した症状ではないんだな!
と看護師さんは思いますよね。

なのでね、診察希望を言えば良いのですな。

診てくれ!
と言えば、ちゃんと診察は入れてくれますな。

もっと言えば、透析に行く前に透析病院に受診したいと電話しておき、ちょっと早めに病院に行けば良いのですし。
透析後の受診でもいいですし。

患者の方は「受診希望」か単なる報告なのかをはっきり伝えておくと、看護師さんも判断しやすいと思います。

まあ、一応、穿刺前に
「変わりはありませんか?」って聞いてくれる看護師さんも多いと思います。

その時に言えばいいですな。

あはは(^◇^)
面倒なので聞いてこない看護師さんもいますし。

病院によっては、技士さんは一切ノータッチの病院もありますし。

「僕に言われても困ります~。」みたいな技士さんもいますしね。

病院のカラーは病院によって違いますんで、多少の差はありますよ。
何年も通ってればその辺は分かると思いますので、臨機応変に。

うちは割と技士さんに言っても大丈夫ですな。

看護師さん同様に対応してくれます。

というか、看護師さんも技士さんも白い服なので分かりずらいですけど。
普通、技士さんは青いのを着てるんですけどね。

服の形の微妙な違いで判断するしかなさそうです。

中には看護師と技士の両方の資格を持ってる人もいてややこしいですけどね。

僕が通う病院の看護師さんと技士さんは半々なんですな。

同じくらいの割合です。
その中に両方の資格を持ってる人がどれくらいいるのかは分かりません。

看護師さんの割合が高いところは、僕のイメージではあんまりよくなさそうですけどね。
やたらと看護師派閥と技士派閥が出来てて連携が悪かったりしますよね。

アレ、みっともないですからやめたほうが良いですな。

そういう病院では誰に症状を訴えたら良いか、患者は迷いますから。
困りますよ~。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク