スポンサーリンク
僕もトータル的な入院生活が長いので数々の病に悩む人を見てきました。

そこである事に気付いたのですな。

ん?
大きな病となり入院されるような方というのは、ちょうどその時が最も体が弱ってる時なのか、他の病気も併発したり、1つを治したのにまたスグ次の病に襲われたりしやすいです。

何かをきっかけに、病気のオンパレードになる(-_-;)
僕自身もブラック企業で28歳の時に倒れて以来、ずっと入退院を繰り返していますからね。

1度その闇に飲み込まれると中々脱出できないというような事があるのでしょう。

単純に考えてみれば、順調に過ごしていた人でも、例えば「癌」とかがある日突然、会社の健康診断などで発覚したりします。

僕の場合は「人工透析→癌」ですが、逆のパターンも当然あるんです。

僕の知り合いのWさんは、現在71歳くらいなのですが、僕が通ってる病院とは別の透析病院で現在も人工透析を受けています。

このWさんに初めて会ったのは、僕が32歳の時、ネフローゼ症候群が発覚して入院となった時です。

ですのでWさんは当時54~55歳くらいだったと思います。
前立腺癌で厳しい放射線治療をされていました。

隣の病室の方だったのですが、よく話してました。

話では組合の健康診断で発覚し、検査でスグ前立腺癌が判明。

まあ、結果的には前立腺癌も落ち着き退院(その後もたびたびの通院でようやくほぼ完治)されたんですが、その後に腎不全が発覚し、長い腎不全保存期を経て人工透析になられたようです。

ですのでね、1度大きな病に陥ると次々と病が襲ってくる。
Wさんは船乗りなんですよね。

大型漁船に乗ってたそうで、若い時から元気が有り余って仕事に励んでいたそうです。

だから病気とはほぼ無縁の人生を送ってきた。

単純に考えれば、その人生の疲れやなんかが54歳で一気に吹き出してしまったのでしょうな。

1度そういう大きな病気をして厳しい治療を受けると、そういった後々の弊害も出てきます。
他にも癌治療の後、腎不全となった人を何人か知ってます。

そういった方々の話を要約すると、
「癌で死にかけたが、腎臓が犠牲になっただけで何とか命は助かった!」というような言い方をされますのでね。

ヘクトーさんも同じような事を書いてらっしゃいました。

なるほどな~(>_<)
と思う訳です。

a0002_011259


入院生活は筋力や体力を奪いますし、厳しい治療をすれば、尿や血圧に関連する腎臓に負担がかかりやすい。
それで癌は克服してもその後、腎不全が発覚する事はたまにあるようです。

1度落ちてしまった体力を元に戻すのは大変ですからね。

ましてや食っていかなきゃなりませんから。
仕事しないって訳にもいかなかったりしますし、1度大きな病気をして体力が落ちた後、また船乗りのようなハードな仕事をされてWさんも腎臓に負担がかかったという事かも知れません。

何とか無事定年まで働いたWさんも(晩年は軽い仕事に変わったそうです。)、退職後、腎不全症状が悪化。
そして現在透析5年ほどになります。

しかもですな、現在は大病院に入院されています。
知人からの情報ではどうやら、大腸にポリープが見つかったという事のようです。

それがいかなるものかは分かりませんが、今度は71歳ですからな。
癌治療は大変だと思いますな。

透析5年で体力も大きく落ちていると思われますし、気の毒としか言いようがありません。
かける言葉が見つかりませんな。

もうね、1度大きな病をしてしまうと、どうしてもこうやって負の連鎖が起きやすいのですな。

54歳までは健康自慢だったWさんも、組合の健康診断で引っかかったところから、一気に病気人生になってしまうのですから。

ん~(-_-;)
人生とは世知辛いですな。

大腸のポリープが良性なら入院とかはしてないと思いますので(ポリープの検査なら数日以内の入院で十分ですが、すでにWさんは1か月以上入院されてると聞いています。)これは大変な事になってるかも知れません。

ここでも透析を受けながらの癌治療なんですよね。

いくら透析者が癌になりやすいと言っても、そう何度も癌ばっかりだとね。
気が滅入りますな。

僕自身もね、透析7年目に心臓の異変が発覚すると、同じ年に腎臓癌と十二指腸ポリープが発覚しましたからな。
右腎摘出をし、ポリープの検体検査のための胃カメラをやり、最後に心臓にステントを2個入れました。
同じ年にたびたび入院して次々と治療していきましたからね。

どうも、病気はそういう流れになりやすい。
何かの拍子に1度タガが外れると一気に噴き出しやすいのかも知れません。

嫌になりますなぁ。
病気が病気を呼ぶんですな。

「病は気から」とも申しますが、厳しい治療を受けていれば、誰だって少々弱気にもなりますし。

んなぁ。
どうせえちゅうんじゃい!

うちの姉は今から15年ほど前、女性特有の癌となりました。
その時、姉と同じ病室に同じ病の女性が他にも3人おりましたが、その方々はすでにお亡くなりになっています。

姉は四国から飛行機に乗って神奈川の有名専門医に診てもらいに行き、何とか無事癌から生還しました。

が、やはり近年になって様々な症状が出たり引っ込んだりしてますな。

やはりですな、人間1度病気となってしまうとその後の人生に多少なりとも影響はある。

この病気スパイラルから抜け出す方法があれば、ぜひ教えて欲しいですな。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')



        スポンサーリンク