スポンサーリンク
あはは(^◇^)
最近Oさんの心理学にハマっているトシヒーローです('◇')ゞ

僕が唯川恵さんの小説が好きなのの一つには女性心理を学びたかったですからね。
作詞家を目指していた(別に今でも諦めてはいませんし)過去があって、女性主人公の詞を書く機会があったんでね。

例えば、「聖母たちのララバイ」と「WOMAN」の違いなのですな。

岩崎宏美さんの「聖母たちのララバイ」は男性作詞家である山川啓介先生の作詞。
アンルイスさんの「WOMAN」は女性作詞家の石川あゆ子先生の作詞なのです。

いかにも「聖母たちのララバイ」は男性が書いたっぽい女性の歌詞ですし、「WOMAN」は女性ならではの感覚で書かれてるのが分かりますな。
理想の女性像と実際の女性観の違いを知らないと女性主人公の詞は書けないと悟った

そもそもですな、男性と女性では感性が違いますんでね。
文章を読んでても男性が書いたモノと女性が書いたモノでは微妙な部分で感性の差が出るんですな。

ある賞を取った小説を読んで愕然とした事があります。

女性作家さんが描く男性たちの話なんですけどね。

「いや、男にそういう思考は無いって(-_-;)」っていうシーンが連発。
よく賞が取れたな。
と思った事がありました。

同郷の仲間たちの1人が、皆の大好きな田舎の自然を利用してリゾート開発を始めるんですけど、皆の家を二束三文で買収(地上げ)するんですな。

それでその1人と他の仲間たちが対立するんですけども。
最後は仲直りみたいな(-_-;)

無いって(-_-;)

女性が男性主人公の物語を書くと、女性の感性で男性を描いてしまうんで、ところどころに違和感が出る。

さっきの「聖母たちのララバイ」の真逆です。

「聖母たちのララバイ」は男性が書いてますんで、男性から見た理想の女性像で描かれてますね~。

逆に「WOMAN」は、
悲しみを身籠ってやさしさに育てるの

というフレーズが女性でないと書けないなぁ、と感じさせられますな。

似たような女性の良いところを描いていても男女の違いで差が出ちゃうのですな。
このコトに気が付いて、僕は男ですからな、どう女性主人公の詞を書けば良いのかを随分と学びましたよ。

いや、30過ぎて、メールとかが全盛になってきた頃、「ネカマ」なる種族が出て来たんですな。
男性が女性の振りしてネットで色々やっているんですけどね。(いたずら目的でね)
女性特有の部分がマネ出来ませんので、文章を見てれば、僕は大体、
「ありゃ、この文章は男性の感性だな。」と見抜ける事も多かったです。

唯川恵さんは、女性の負の感性の部分をバシバシ描くんですよね~。
なのでね、何気に怖い話も多いですよ。
女遊びの過ぎる男性に良いようにされた女性たちが、ウラで手を結び男性に仕返しする話とかね。

そういう女性の感性を学んで後に書いた歌詞は僕もいっぱいありますな。
例えば、このブログにも書いてる「9月の海は冷めない恋の色」とかです。

トシヒーロー作詞集」で詞は読めます。

DSCN2030


心理学は人工透析でも役立ちますよ(*'▽')

まあ、Oさんが色んなところで役立ちそうな心理学についてご教授してくれてるんですけどね。

僕も興味を持って色々調べていると、
「ああ! これか! (>_<)」となる事が多いです。

何気に昔読んだ本に書いてあった事とかだったりする場合もあります。
先日のアルフレッド・アドラーの名言も、僕も知ってるモノがありましたし。

例えば、「同じ間違いを何度もするな!」なんて言葉は日常に氾濫してますね~。

こういうのも元を正せば心理学から来てますな。

いや~、実は人間なんて同じ過ちやミスを何度も繰り返す習性があるのですわ。

僕ら透析してると、僕のように心の弱い者たちは、悪いと分かってても余分な水分を取ったりしますよね~(>_<)
同じように悪いと分かってても泥棒を繰り返す人もいますし、ゴミのポイ捨てをやる人もいますし、歩きスマホをやってしまう人もいます。

みんな、悪いとは分かってるんだけど繰り返してしまいますな~。

つまりは、ソコからの脱却が重要なのですな。
心理学では、
「事が思うように進まないのであれば、何だって良いのでちょっと違う事をしてみれば良い。うまくいかない事や失敗する事を繰り返さない方が良い。」というのがあるのですな。

おお!
なるほど~(*'▽')

違う事をしてみる。

日常では小さな変化が1度起きると、やがては大きな変化へと変わっていくのですな。

まるで透析の時間延長みたいなモノですよ。

1回4時間の透析を30分伸ばしてもらうだけで、半年後、1年後の体調が変わって来るみたいな(^◇^)

例えば、今の僕のように、増え幅が少なくなったら、体調が良くなったという感じですな。

人は1度では理解できない。その状況になった時にもう1度見てみると良い

心理学なんて言うのは、僕みたいな頭の悪い者が読んでも1度で理解は出来ません。

ただ、困難が生じてる時とかにもう1度読み直すと、その解決論や方法論は必ずあるんですな~。

実際に何かが起きた時や起きそうな時に、もう1度読み返してみると、色んな事が頭に入って来ます。

まあ、人間なんてその時にならないと力が出ませんから。
「火事場の馬鹿力」なんて言葉があるように。

いよいよになれば誰にも底力はあるのですな。

それが発揮できそうなタイミングで知るとより頭に入って来やすいですからね~。

ミルトン・エリクソンとか、難し過ぎるので、心理学として学ぼうとしても何もない時は頭に入って来にくいですな。

しかしですな、前に「人間が頭で想像する事は未来の地球で必ず現実になる。」とおっしゃってた科学者がいたんですけども。
ん?
ソレ、ミルトン・エリクソンじゃん! ってなりますな~(*'▽')

ミルトン・エリクソンの名言で
「思考は現実化する」というのがあるんですよね。

透析が生活の第一にならぬ生き方を目指せ! というのはまさにミルトン・エリクソンだった

僕は、このブログで、
「透析者は透析中心の生活から脱却する必要がある。」という事を何度も書いてきました。

これも元を正せばミルトン・エリクソンなんですよね。

エリクソンは「ネガティブになってる部分を見ない生活をした上で、別のモノに集中する事で、やがてネガティブを忘れるという現象の話」をしていますし、実際にソレで多くの人の悩みを解決してますな。

おお!
まさに(^◇^)

ミルトン・エリクソンの「思考は実現化する」なんですけどね。

これをもっと柔らかく言えば、
「人は自らがこうあると思い描けば、そのようになってしまう。今のあなた自身は、自分がそうあると思い描いた姿そのものなんです」
となるんですよね。

んなぁ(*´Д`)

えっ?
人工透析を受けてて、仕事はしてるけれどもカツカツの生活しかできない程度の収入で、今、その仕事もうまく出来ないと思い悩んでるこの僕の姿は、僕自身が思い描いてる???

ん~(-_-;)
確かにそうなのかも知れませんな。

あはは(^◇^)
じゃあ、文句ばっかり言ってるあのモンスター患者たちは、皆、自分で思い描いてるんや!(*'▽')

そんなモンスター患者さんの対応に精神的に疲れて、患者に当たってるような看護師さんも自分で思い描いてる(^◇^)

いや、そうですな~。
「なるべくしてなる」ですわ。

いくら何でもそろそろ結婚しないとヤバイと考える女性が、プライドもかなぐり捨てて婚活をやる。
しかし、心の奥底におひとりさまの方が気楽で良いという考えが残ってるんで、結局踏み切れずに結婚に至らないという現象ですな。
小さなこだわりばかり言って、なかなか心がGOにならないという(-_-;)
(すいません。良い例が思い浮かばなかったので婚活でやってみましたが)

なんか、何となくわかったような分からんような(-_-;)

不満を抱えてグチグチ言うのが好きなんだろうね

確かにね、結局は自分の心に支配されてるのが自分ですからな。

やろうと思えばやるし、やらないでおこうと思えばやらない。

結局は自分自身で自分の方向を決めてますからな。

不満ばっかり言ってる人は、そういう不満ばっかり言うのが好きなんでしょうな~(*'▽')
そこから、脱却するには、「自分の中で、不満を言っても自分の人生が改善される訳では無い」と強く思い知らされない限り、ずっと続きそうですからな。

そこで、イメージ力が問われるんですな~。
それこそがまさにミルトン・エリクソンです。

おお!
ソコ!

「そんな事は理屈としてとっくに理解してんだよ! ただそう出来ないから悩んでるんだろ!」
そう思ってますな(-ω-)/

いやいや、単純にイメージでなりたい自分を想像してるだけで良いのですよ。
ほとんどの人は、「自分は決してそうはなれない」と最初から諦めているんで、そのイメージングが長続きしない訳ですな。

例えばですな、このイメージングを使えば、恋愛だってうまく行ってしまうかも知れません。
相手の異性とうまく行ってる自分を想像する。
が、考えてみれば、自分に都合良すぎる考えなので、ありえねえ~と諦めてしまう。

この諦めこそが、前進を阻んでる最大の原因になってる訳なのですよ。

あはは(^◇^)
うまく行かないという原理はここにあるのですな。

あはは(^◇^)
何となく分かったような分からぬような(-_-;)

難しいわぁ~、ミルトン・エリクソンの世界観は(*´Д`)



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク