スポンサーリンク
透析患者がこの時期最も気を付けるべきは感染症ですね。
中でもインフルエンザには特に気を付けていると思います。

僕もかつてインフルエンザにかかりました。

その時は、透析中に隣のベッドの患者さんがインフルエンザに感染している事が発覚!
その人は透析1時間後には隔離されました。

ところが、今度はその2日後の透析の際、僕は急激に高熱となりました。
2日前にインフルエンザにかかった人の両隣の2人(1人が僕)に感染が広がっていました。
ただちに隔離されました。

更に2日後の透析では10人ほどが感染。
全員個室に押し込まれ1人あたり3時間透析となりました。

アウトブレイクまではいきませんでしたが、これは非常に危険な状況だったと思います。
インフルエンザが沈静した後、看護主任さんが変わりました。
責任を取ったのかも知れません。

この失敗は、最初のインフルエンザ患者さんを隔離するまで1時間を要した事。
それにより感染した両隣の2人も最初の1時間、普通に透析室で透析させた事による、感染拡大でした。

2日後に僕は透析室に入る前、ちゃんと体調不良を申し出ていました。
にもかかわらず、検査結果が出るまでは普通に透析室で透析させた事が原因の一端でしょうね。

僕は、透析前36度8分だったのに、透析中に39度6分まで体温が上昇。
透析が終わってもベッドから立てず、そのまま2時間寝てから帰りました。

この時までは、尿量も100ccくらいはあったのですが、このインフルエンザにかかった後は、ほとんど出なくなりました。

このようにインフルエンザはとても恐ろしいです。
インフル状態の透析はかなりキツイですよ。

しっかり手洗い、うがい、マスク着用で、対応して下さいね。
 

↓↓↓1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
↓↓↓こちらも1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです

人工透析 ブログランキングへ

        スポンサーリンク