スポンサーリンク
天然系透析ナースのよしみちゃんは結婚・出産し、看護師復帰の際に将来を見据えて透析ナースになったそうだ。

夜勤が無いという午前午後のみの透析室に勤務するようになったらしいのだが、やはり最初の難関は「穿刺」。
先輩ナースのAさんとBさんが、練習台になってくれたそうだ。
先輩と言っても、2人とも年下の看護師さんだったらしいが。

あはは(^◇^)
しかし、シャントの無い普通の人の血管やから!
よしみちゃんも何度か失敗したらしい。

それでもその年下の先輩2人は何度も練習台になってくれた。
時が過ぎ・・・、


よしみちゃんも仕事はそこそこ出来るようになった。

ある日、再び透析室に新人看護師が入ってきたそうだ。

しかし、そのAさんとBさんは2人揃ってまた穿刺の練習台を自分から進言しやったそうだ。

さすがにこの時点でよしみちゃんも気付いたらしい。

まさかね(; ̄Д ̄)



よしみちゃんは天然系だ。
僕も血を飛ばされた事がある。

回収の時に、ストッパーを止めずに針を抜き、針先から血が飛び出した。

「ああ、すいませ~ん。Σ( ̄ロ ̄|||)」

とめるの忘れましたね。
まあ、いいけど(-_-;)
よしみちゃんだしね。



よしみちゃんの天然系は只者ではないレベルだ。
技師長の敦夫君と、主任看護士のひびきさんにいつも怒られてる。

患者さんの透析機器のブザーが鳴って機械が止まったようだ。

慌ててよしみちゃんが走る。

後1メートルというところで、自分の脚に引っかかってよしみちゃんはよろけた。
透析機器に抱き付いた形となってしまった。

(-_-;)
ブザーが鳴って止まってて良かったね。
タッチパネルに顔面から激突してたし。
(*゚▽゚*)

よしみ!
主任も走った!

a0002_011499


よしみ!

ああ、主任のひびきさんの声だ
また何かやらかしたのだろう(-_-;)

何をやらかしたのかと頭を上げてみたら、よしみちゃんはまたまたよろけて、今度は目の前にいた主任さんに抱き付いていた。

主任のひびきさんの後頭部に頭突きを食らわしてしまったようだ。

そりゃ、怒るわ

( ̄ー ̄)ニヤリッ

いや、もう1発くらい食らわしとけ!
その主任さん横柄なんだよ。



なのでね、よしみちゃんは割と透析室で患者さんからは人気者だ。
美人だし。

今日は技師長の敦夫君が
「よしみさん!」と叫んでいた。

38キロの女性患者さんの体重を83キロと間違えて書いていたらしい。
そりゃ、怒られるわ。

しかし、敦夫君の前ではよしみちゃんは絶対によろけなかった(-_-;)

1度も!

(*゚▽゚*)



よしみちゃん、そのAさんとBさんって一体誰?

「言えませんよ~(*´∇`*)」

というかね、よしみちゃん、よしみちゃんより年下で先輩ナースって井沢さんと中谷さんしかいねえじゃん!

「はっΣヾ( ̄0 ̄;ノ」

ε=ε=(;´Д`)気付けよ。



今日は採血の日。

「トシさ~ん、血採らせてね~。」

主任のひびきさんが穿刺し、採った血を助手をした看護師さんに渡そうとした。
が、助手がよしみちゃんと分かったら、渡さなかったのだ。

そりゃ、そうなる。
落としたら大変だからね。

いかにも落としそうだし(-_-;)

「トシさん~、主任さんにイジメられる~。」とよしみちゃん。

ん?
いや、俺はナイス判断だと思うが(-_-;)

「なんで~。」

いや、ソコも気付けよΣ(´д`;)


*ちょっとしたエピソードです。皆さん仕事は真面目で有能でしたよ(*'▽')


↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')



        スポンサーリンク