スポンサーリンク
という事でですね、今頃はもう東京に着く頃なんですな。
僕はケータイを持っておらず、パソコンはモバイルも無いので持って行きません。
なので、このブログ記事は予約投稿のシステムを使って事前に書いたものが自動で更新されております。

いくつ余分を書けるでしょうね。
僕はこういう前もってたくさん書き留めておくというのが苦手なんですな。

というかギリギリにならないと力が出て来ないというね(-_-;)
夏休みの宿題とかやらずに行って職員室に正座させられるような子でしたから。

さて、人工透析っていつまで続いていくんだろう?
という疑問はありますよね。

人工透析に未来はあるのか?

無い!
と言い切れるかという問題ですな。

まあ、50年はなくならないでしょうな。
高齢者の透析導入が増えてますんでね。

再生医療で移植できるとしても年齢的に難しい人もいますし、出来ない人もいますからな。

なのでね、今透析現場で働いてる人の求人は何とかあるでしょう。
20年先はもう、今ほど血液浄化の臨床工学士さんは新たには必要なくなるかも知れませんけども。

20年先なら、多少は人工透析患者さんの数も減ってそうですし。

ただ、まだ完全ピークではなさそうですね。
現在32万5千人くらいですからね。
33~34万人近くまで行って、その後は下がるのでしょうな。

一方で、日本の透析産業が随分と東南アジア方面に進出してますんで、20年先は向こうで隆盛を迎えるのではないかと。

という事はですな、まだまだ人工透析時代は続きそうです。

いや、小保方さんのスタップ問題の時に、自殺なされた科学者さんがいらっしゃったんですが、その方が腎臓再生医療の鍵を持ってた的話を耳にした事があるんですな。
事実かどうかは分かりませんが、あの方がいなくなった事で再生医療の未来が20年遅れたという話。

本当かどうかは分かりませんけどね、そうだとしたら、腎臓の再生医療なんかは50年後くらいになってしまいそうです(-_-;)

一方で、人工透析患者の未来はあるんですよね。

と言いますのも、やはり先日からずっとお伝えしてる高効率透析の話があるからですな。

まあ、透析時間のほうは病院によって増やせなくても、血液流量(QB)を増やすのはやろうと思えばどの病院でも可能です。
ですから、QBをある程度上げて、ちょっとだけ効率が上がるだけでも、透析後寿命を引き伸ばす要因となっていきそうですのでね。

元気に長く生きられる透析に変わってきてます。

ん?
透析したら5年???

何時代の話でしょうか?
縄文時代でしょうか?

何て言える世界観になりそうですね。

となってくるとですな、僕のように透析導入から10年も無為に過ごしてきてると大損する訳です。
苦労はしてもやはり何かしておかないと。
(仕事とかそういう事の話でなく、それ以外にも何か身になる事はやっておくべき)

透析10年くらいじゃ、そうは死なないですからな。
最低20年くらい見ておかなくては。
特に65歳以前で透析し始めた人の場合は。

DSCN1212


問題はこれから増えると言われてる糖尿病性腎症

慢性糸球体腎炎、多発性のう胞腎、IgA腎症・・・、透析導入となる原因疾患はかなり数多くありますが、最近のデータでは糖尿病性腎症の方が44%と、急激に増えてきております。
ちょっと前までは、慢性糸球体腎炎が1位だったはずなんですけどね。

糖尿病の方が現在の日本では300万人超えでして、そこから5%か10%かくらいの確率で透析導入となってくる訳ですからな。

全ての透析導入原因疾患の中でも、糖尿病だけは以前から書いておりますが、予後のイメージが悪いです。
まあ、糖尿でもオンライン透析や長時間透析で効果があると言われていますので、以前ほどのこともないのでしょうが、やはり他の透析者の1.5倍は苦労してしまいますからね。

この間も、知り合いの糖尿からの患者さんがトイレの前で倒れてた! という話を聞いたところなのですな。

うちの病院でも1型糖尿病からの患者さんがよく倒れてますからな。

大丈夫なんでしょうか?
もうね、心配になりますね。

まだ、透析10年になってないくらいなんですが、結構恰幅のある人だったのに随分とこの1年で痩せてしまいました。

最近、透析時間が変わったらしく、いつもの人がベッドにいないので、一瞬ヒヤッとしましたな。

もうね、こういうのも透析の合併症みたいなもんですな。

いつもの人がいないと焦るというね(-_-;)

ソレだけはやめてくれ!
と思うんですが、どうしても時間経過と共に起きてしまいます。

そう言えば、透析導入病院時代に同じタイミングで透析を始めた人は10人くらいいたのに、2人しか生き残ってないんですな。

あの3時間56分しかやってくれず、QBも200が当たり前の透析ですからね。
ダイアライザーも小さい人が多かったな。

そりゃそうなるのか?
って思いますが。
今の病院ですと、僕と同じくらいの(透析10年から12年くらいの)患者さんが結構いますんでね。
安心ですな。

そう言えば、午前透析を受けてる人が四角柱のダイアライザーを使ってるのを見かけるんですけど、アレは何でしょうか?
いつも不思議に思って見てます。

一方で、人工腎臓については透析が主流ですが、人工膵臓のほうは研究が進んでるという話もあり2025年頃には実用可能という声も聞かれます。

糖尿病患者さんが減るという声もきかれますのでね。
糖尿からの透析導入者には明るい未来もあるかも知れません。

高血圧症はどうなの?

高血圧症患者さんは平成26年に1000万人突破したそうです。

1000万人ですか(-_-;)
12人に1人だそうで、20~30代の方でも多いそうです。

僕も32歳の時に、240-145という血圧でしたからね。
僕の感覚ですと、160以上は他の疾患をバンバン呼び寄せてくると思いますのでね。
特に腎不全は起こしやすいと思います。

まあ、透析を受けるようになったら、降圧剤がいらなくなっていく患者さんが多いですけどね。

僕もこの間から写真付きで血圧を出していますが、240あった血圧が今や130から80くらいのレベルですから。

冬場は血圧が高い透析者は増えますが、こう暑くなってくるとそこまでの血圧の方は見かけなくなりますね。
やはり暑い時は血圧が下がりやすく、寒いと上がりやすいのでしょうな。

まあ、透析を受けていると、脳卒中とか起こしやすそうですからな。
余り高くない方が良いです。

僕の場合は、もうこの時期になるといつも血圧が低くて困ってますけどね。

ただ、透析を始めた当初は120くらいでもしんどかったですが、今は120あれば大丈夫という感じですな。
元が高かったため、100くらいでもしんどい場合があります。

なのでね、高血圧症から慢性糸球体腎炎などになっていった患者さんは、透析中に180とか200とかってなってる患者さんも見かけますけどね。

絶対的に危険水準なので気を付けて欲しいですな。
僕の場合、もうこの1年くらい、150以上になった事はないんじゃないかな。
去年の冬は170とかになった事もあったんですけどね。

一方、心配な面も多い

最近付き合いの出来たバンザイさんも透析未来について書いてくれてました。

透析の近未来は・・・。  こうなります!!

2010年に書かれているものなので、既にかなり時間が過ぎていますが、ある程度当たってる感もありますね。

透析人口が増え、透析医療での医療点数が下がる。
これまで、色んな事に挑戦していた前向き病院の医師が定年などでいなくなり合理的医師がシステムを変える。

まあ、こういった現象が起きる場合も無きにしも非ずですね。

5時間透析を受けていたのに、今度から4時間にしてくれ、というのも起きるかも知れません。

更にジワジワと医療費のアップ問題が浮上してくるでしょうね。

すでに高額所得者の透析医療費は上がる事が確定してるという話も聞きますし。
今後、そうやって少しずつある程度までは上がると考えておいた方が良さそうです。
3割負担とかにはならないと思いますけどね。
月5千円とか1万円くらいの負担にはなって行くかも知れませんね。

まあ、僕の場合は、その方が「タダで透析できる!」という誹謗がなくなるし、月1万円くらいならちょっと生活を切り詰めれば払える額なので良いですが、高齢で余り大して年金ももらってないような患者さんや、働けない患者さんもいますからね。

一律という訳では無いでしょうが、今後数年以内に国会などでそういった話が出てくるでしょうな。

すでに医療費面ではその傾向です。

透析患者数が減って来ると、透析病院が潰れるんじゃないかという不安もあります。

ただでさえ、今は透析ベッドが足りない状況なのですが、地域に透析病院が無かったり、あっても1病院だったりするケースもありますね。

そういうところが透析から撤退という事も起きるかも知れません。

煽りを受けるのは、小さな病院や、評判の良くない病院からですからね。
地元に1病院という地域の病院が透析から撤退となると大変な事になりますから。

いや、あり得ぬ話ではありませんからね。
医療点数削減も、透析医療には結構厳しくやって来てますし、儲からないならやりません!というような病院もあるでしょうからな。

ここはかなりナーバスな問題です。

やはりですな~、患者会に入って欲しいなぁ。
32万人もの透析者がいて、たった9万人弱では力がありませんからな。

せめて12~13万人くらいにならなければ(-_-;)

もうね、ジリ貧状態です。
そういう事も踏まえて欲しいですね。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク