スポンサーリンク
おお!
香川県35度だってさ( `ー´)ノ

というか、暑さにかけては群馬と埼玉なんですよね。熊谷と館林ね。

普通四国のほうが暑いと思いがちなんですけども(-_-;)

それにしても苦手だった夏場にこれだけ調子良いと不思議ですな。
とにかく血圧がガンガン下がるため、外出先でしんどくなる事が多かったのに・・・。

中2日の2日目の夜から翌朝は危険

透析中に血圧が下がった時は、僕は迷わず
「水入れて下さい。」と頼むんですけどね。

せっかく全部除水してても、300~400cc追加せねばならぬ事も多いので、それがお持ち帰りになってしまうんですよね。

まあ、中1日の時なら全く問題無い持ち帰り(除水量的には)なんですが、ドライウェイトが合って無くて血圧が下がり気味の時が続くと、土曜日にも水を入れてもらって持ち帰る事にもなりかねませんからな~。

その場合は困る訳ですな。

中2日の時の2日目の夜から翌朝にかけては、透析者の死亡確率が最も高い時ですから。

そういうのがあるので、できれば土曜(金曜)はお持ち帰りしたくないんですが。

ドライウェイトの変更も、頻繁に変えてもらえる病院もあるようですが、僕の過去の経験ではそうじゃない病院もあった訳でして。

現在の僕の場合は、除水量は言えば変えてもらえるので、わざと余したり余分に引いたりすればドライウェイトは関係ないから良いんですが。

a0960_005619


時間延長が罰則扱いの時代

しかし、現在は調子も良いので、そういった事は全く無頓着でしてな。
仕事や他の方面の事を重視して考えていられるという有難き状況です。

今の病院に来るまでは、透析自体が一つのストレスになってましたからね。

当時は知識は今ほども無い状態でしたが、それでも体感からある程度理屈は分かっていたとはいえ、透析7年~9年くらいの頃は、除水量も多かったですし、増え幅も多かった訳でね。

まるっきり、うまく行きませんでしたな。

せっかく前の師長さんが5時間透析にしてくれてたのに、増えが少なくなると、
「4時間でも行けますね。4時間にしませんか?」と、またもや透析時間が増え幅の多い人の罰則扱いになってしまってたんですよね。

いや、単純に中2日を5%、中1日を3%という増え幅の目安を守れば、4時間でも余裕で引けますからな。
それが、5時間透析→4時間透析という事にされるんでは(-_-;)

病院側の都合だったのでしょうな。
ベッドは満床、僕だけ1つのベッドを1人で使ってる状況でしたから。

どうしても病院としては午前午後の2人を1つのベッドでやりたかったのでしょうな。

仕方ないですな。

まあ、今の病院では、火木土の午後透析なので、ベッドの空きもちょっとだけあるんですよね。
60床もありますし。

送迎じゃなく自分で通えば時間延長も可能なんですけどね。
ん~(-_-;)
どうしたもんだか。
遠すぎる病院ですからな。
帰りにまたあの地獄の日々がよみがえりますな。

途中で血圧が下がってしんどくなるアレですわ。

特に夏場は恐怖になってましたからね。
7年目までは今の病院とそう差の無い病院まで通ってました。
帰りに乗り換えする際に歩きますのでね。
そこで血圧が下がってしまう事が多かったですな。

透析後ウロウロしてると、血圧が安定せず苦労しましたから。

アレはホントに嫌でしたな。
今は送迎のおかげで、帰りにしんどくてどうしようもなかったのは、この2年半で1回だけですから。



さあ、真夏だ!

今は透析で何も不安が無い状態なので、全く透析が頭に無い状態ですな。
なので、AKBでも見て、気分を夏モードにしますか(*'▽')

この頃のAKBは良かったですよね。
歌が。

今は全然追いつけねえ(-_-;)
どんな歌歌ってるのかも知らないというね。

8月5日、
ん~(-_-;)
今年は海に行けそうなくらい調子が良いのになぁ。

行ってねえなぁ。
なんかもったいない気がする。

まあ、透析するようになってから10年は家と病院の往復の日々でしたからな。

透析しながらこういう事が出来るとは思ってなかったんで(-_-;)

あはは(^◇^)
昨年はお盆に昼間バーベキューをやって、余りの暑さに転倒者続出となりましたから。

今年はバーベキューはやらないそうだし。
後は盆踊りくらいしかありませんからな~。
こんな山の中じゃ(-_-;)

何もねえぞ。
さて、どうしたもんだか。

通り過ぎる夏をひとりで見送るだけなのですな(>_<)


というか、夏場は毎年血圧が下がってしんどかったので、予定をほとんど入れてなかったのですわ(-_-;)


↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク