スポンサーリンク
人工透析では、患者さんの体感が重要ですね~。
いつも思います。

透析終盤、血圧低下が相次ぐとか、足の攣りとかが頻発する場合は、ドライウェイトがキツクなってる可能性がありますね~。

こういう状態が続くと、透析がしんどいものになってしまい、良い思考が生まれませんのでね。
単純にドライウェイトを上げてもらうのが正しい選択なんですが・・・。
まあ、これも僕の経験上、病院によってはドライウェイトをなかなか上げてくれない病院もありますんでね。


食事抜きで痩せるのは厳禁の透析

そういう場合は自分が痩せるという戦法もあるんですが、それほどお勧めはできません。
僕はやってますけどね(-_-;)

というのも、透析患者の栄養状態はかなり重要ですからね。
運動を増やして痩せるという健全な形であれば良いんですが、それでなくても食事量をやや抑え気味の方の場合、更なる減量というのは栄養的に見てどうなんだ?
というのがあります。

僕もね、最初の頃は日曜日の夜とかに(当時は月水金透析でした)食事抜きとかをやってました。
あんまり良い事ではありませんね。

身体が痩せる=異化が起きてる

という状態です。
異化とは体が痩せる事で細胞が壊れる状況にあり、細胞からカリウムが抜け出して高カリウムになってしまう場合がありますから。

ご存知の通り、高カリウム状態は心臓にダメージを与える場合がありますのでね。
透析患者の大敵の一つですな(*´Д`)

大腸検査の絡みなどで偶然が重なり食事抜きを丸1日続けた「うな重3つのおっちゃん」はその異化のせいで一時的な高カリウム血症を起こし、手足の痙攣が止まらなくなった事があったのですな。

という事があるので、絶食とかは注意が必要です。

僕も初めて見ました。
高カリウム、恐え~(*´Д`)

まあ、透析界では「ちょっとぽっちゃりなくらいの方が長生きできる説」もありますんで、無理して痩せる必要もないと、僕も思ってますけどね。(本当にそういう臨床データがあります)
かつては86キロもあったので、最初の5年ほどで緩やかに痩せていきました。

僕の知り合いのストイックな方ですら、常に増えを2キロ以下に調整してるような人なんですが、絶食はやりませんよ、と言ってますね。

僕の周りの高齢患者さんなんかでよく聞くのは、透析前にいつも食べるんですが、あんまり増えが大きすぎたんで朝飯を食べなかった・・・とか言ってる人は多いですな。

ん~(-_-;)
僕は増えててもパン1個は絶対に食べてから透析に行きますけどね。
僕の場合は1日2食なので、検査でもない限りは抜きませんからな。

そう言えば、前の病院時代までは年1回のCT検査の時は「食事抜き」で来るように言われたんですが、今の病院では「食事抜き」とは言われませんな。

なんでだ?

DSCN2032


好調の原因がよく分からんのだけども

とにかく体感重視なのですな。

現在、僕の調子が絶好調なのは一体何が?
というのがよく分からないんですが、恐らくドライウェイトがいい感じになってるんでしょうね。
夏場で代謝量も増えて、いつもと同じカロリーでも少し痩せたんでしょうか?

ネコと遊んだあとの起立性低血圧が起きませんね。

透析11年、この起立性低血圧には悩まされ続けたんですけどね。

これも不思議。

スクワットが好影響?

ん~(-_-;)
分からん。
まあ、ドライウェイトと自分の本当の体重との兼ね合いなのか?

あ、最近、酒も飲んでます。(少量)
それで血行が良くなったとか?

なんでしょうね。
メッチャ気になる~(*´Д`)

なんか理由があるから調子良い訳でね。
その理由が分かると今後に活かせるんですが。

調子が良いと精神面も安定出来ますからな~。
自然にイライラも減るし、それが返って体調にも反映しますし。

透析後、血圧が低すぎてフラフラする時なんかは、それだけでもう何もしたくなくなりますからね。

気分が変わって良い風が吹いてるかの如く

なんせね、過去の病院での透析は、色々問題も多くて透析に行く事でストレスにもなってましたよね。
多分今は、人生初なんですよね。
透析に行ってもストレスが無い(*'▽')

僕の場合は睡眠時無呼吸症候群があるので、寝足りない状況にあって、透析中の睡眠も重要になってるとは思うんですな。(睡眠時無呼吸症候群ですと6時間くらい寝てもスッキリしない時があります)

透析=寝る時間

というのが確立されてきてるし、ストレスもない。

むしろ、仕事の方が余程ストレスになってますからな(*'▽')(書けない時とかあって締め切りなどに追われる)

透析11年になって自分の状況が変わりましたね。

で、ですな、血液検査ではヘモグロビン、ヘマトクリット、赤血球数が微減し続けてきて、貧血になってもおかしくないのですが。
ヘマトクリットが30を割るのは久々だし。
これも不思議で、僕は透析導入の頃はかなり激しい貧血症状があってよくフラフラしてたんですよ。
まあ、そういった症状は透析年数と共になくなっていったんですが、数値的には過去最低な状態なのに体調が良いとはどういう事なんだ?

フラフラ感が一切消えてますからね。

誰かの念力か?
それとも地球上の元気を体に集めてしまってるのか?(ドラゴンボールか!)

もうね、そんな状況なのですな。

人間はバイオリズムもありますし。
そう言えば、僕は来年から大殺界なのですな。(古い!)
ん~、なんか嵐の前の静けさのような気もしてきた(-_-;)

「うつ」がなくなって、陽気になってるのもありますし。
気分の問題が大きい気がします。

なんかね、僕はよく気ばかり焦る事が多いんですが、そういうのがなく結構ノホホンとして来てますね。
そういうのが良いのかも知れませんな。

透析11年で体感が1番良い状態にあるので、何とかその原因を突き止めたいところなんですが。
こういった事全部が作用してる気もしますし。
不思議ですな(*´Д`)



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク