スポンサーリンク
あはは(^◇^)
オモロイ~。

昨日の深夜投稿の記事でホスレノールの事を取り上げたんですけどね。

まあ、これ、以前も似たような事があったので、あまりホスレノールの事は触れたくなかったんですけども。
間違いの記事はあかんのでね。
ただ、色んな意見や情報が来すぎて訳分からんくなるんですよ(-_-;)

何でこうなるホスレノールOD錠

朝5時起きで、とりあえずレギュラーの仕事をし、終了したのが朝7時前。

早速ブログに取り掛かりますか?
と、管理画面に入っていくと、

2017-08-16


右のほうね、
あはは(^◇^)
非公開メッセージが7通(*´Д`) 

何ですか~?
と見てみますわな。

あはは(^◇^)
諸説来るわ~(*'▽')
ホスレノール。(7通中、6通がホスレノールに関してでした)

ま、知り合いの方からツッコミでホスレノールの正確な所は聞きまして、間違ってる表記も多かったので一部書き換えました。

しかし、この非公開メッセージは非公開希望なので公開はできませんが、驚くようなヤツもありましてな(-_-;)
で、頭がこんがらがってる感じになるのですわ。

で、それが頭に残ってたんでしょうな。
そういや、ランタン含有でアルミニウムではない事を忘れとった(-_-;)

それだけ、ホスレノールとこのメーカーに色んな意見があるという事でしょうな。
前に、「ホスレノールを個人で調べたら大量のアルミニウムが入ってた」というような訳の分からん書き込みまであったんですが、今回も来てた(-_-;)

誰やねん。

すいません。
おかげで僕もとっちらかった文面になってて間違いだらけになってましたね。

ただ、補足しておきますが、ホスレノールに関しては長期間服用の臨床データに乏しいという問題があって、避けてる透析医の先生もいるという事です。
これだけは確かですね。

現代社会では、含有してる成分表記は必須ですのでね。
違うモノが入ってるという事は無いと思います。
(違うモノが入ってたら大問題になるはずです)

DSCN2325


という事で、ホスレノールOD錠に関しては、
ホスレノールOD錠250mg/ ホスレノールOD錠500mg

こちらでご確認いただく事をお勧めします。

後ですね、ホスレノールは高額の薬です。(リン吸着薬は他の薬も高額なモノが多いです。)
実際に定価ですと1か月分で数万円の薬です(処方量によって増えます)
ですので、不安を感じるという方や副作用を感じた方は、即刻主治医への報告をしていただく事をお勧めします。
自己判断で勝手に飲まずに処方だけされてますと、負担が国に及びます。
ご注意ください。(残薬は出さないのが透析者の基本です)

まあ、メッセの内容を書けないのが歯がゆいですな。
何気に考えてみると面白い書き込みが来ますね。

僕も色々間違った表記があったようですが、実際に6年以上ホスレノールを使ってますが、これだけの書くという仕事が出来てますので、今の所、脳への影響などは感じておりません。
そういう事も含めまして、今後の僕の闘病状況を見てもらえると有難いです。
今後の僕の副作用や血液データなどにご注目下さいませ。

という事で、今回は薬について書きますか。

現在の処方薬

すいませんね。
僕は心臓が悪いために(心筋症)処方薬は多めです(-_-;)

DSCN2338


11種(-_-;)

DSCN2334


DSCN2335


DSCN2336


DSCN2337


で、ホスレノールの種類が今回の処方からOD錠になったという訳ですな。

僕が32歳でネフローゼ症候群発覚時は、同時に240-145という高血圧もありまして、降圧剤が最初4種、その後3種出てました。
透析を始めた当初も、3種の降圧剤はそのままでしたが、心臓が悪くなった4年前頃から血圧が低くなり始めまして、2種、1種と減り、最後は無くなりました。

と、同時に、心臓の薬としてアーチスト錠が処方され、同じくブロプレスの処方がされました。
どっちも降圧剤になるヤツですからな。
血圧低下の為、現在はブロプレスが中止になっております。
(単なる高血圧ですと、他の降圧剤が出てる事が多いかと思います)

最初はアーチストを1日0.5錠を朝晩2回からスタートし、一時は朝2錠、夜2錠まで増えました。
まあ、血圧が下がりまくるんで、結局は朝1錠(透析日は夜に飲む)になってますね。

心臓の薬として他では、心臓の冠動脈にステントを2個入れてますので、詰まり防止・心筋梗塞防止という目的で(当時の主治医にそう言われました)バイアスピリンとプラビックス(現在はジェネリック薬のクロピドグレル)が処方されてます。

リン吸着薬は、現在の僕の血液データからリンは5台ですので欠かせませんな。
これも仕方なし。

アレルギー症状用のアレグラなんですが、これは透析導入病院時代に痒みを訴えて皮膚科を受診したところ(今から10年前)、皮膚科の先生から勧められた薬です。
ずっと、1日朝晩1錠ずつの処方でしたが、今の主治医に
「これはもういらんだろ(*'▽')」と言われまして、現在1日1錠で様子見となっています。

アルファロールはカルシウムの吸収を助ける薬ですね。
カルシウムは低めですので、外せませんな。

メバロチンは高脂血症の薬で、実は32歳のネフローゼ症候群発覚時の1年後からの服用です。
これまで何度か、
「この薬必要ですか?」と聞きましたが、必要だそうです。
高脂血症なのか(-_-;)

レグパラは緑のヤツとピンクのヤツが出てますが、実質、緑の25mgの半分の12.5mgのヤツがピンクですので、現在は1.5錠服用という感じですね(緑の25mgで言えば)。
いつ頃から飲み始めたか正確なところは覚えてませんが、透析1年以上たってからだったと記憶してます。
最初は副作用なのか、胃の調子が悪くなりまして、何度か処方中止になったり、1回2錠になったり、様々な変遷を経て現在の1.5錠になってます。

後は胃の薬ですね。
ネキシウムは、心臓の薬の処方時に薬の成分で胃に負担がかかるからと処方されたモノです。

一方、ガストロームは十二指腸ポリープが発覚した時に(3年前)処方されました。
それまでは違うタイプの胃薬が出てましたが、名前は忘れました(-_-;)

昨年までは何1回以上のペースで胃カメラ検査を受けましたが、現在胃の状態はすこぶる快調です。

ん~(-_-;)
薬が減りませんな。
今の主治医が言うように、アレグラはもういらんかな。
あんまりアレルギー系の症状は出ませんね。
なんか、いつの間にか花粉症も出なくなりましたし、痒みも昔ほどの事はありませんし(若干痒みはあります)。

後は胃の薬はどっちか無しでも良いのかなと思うんですけどね。
飲み忘れたりするとやはり調子が落ちるんですな。
1度先生に聞いてみましたが、まあ続けていきましょうという事です。

数は多いですし、ガストロームは苦いので水が結構必要ですな。

後、色々言われる薬の飲み合わせの問題。
これは各地の先生方の講演なんかをまとめたPDFなどを見ても、2種の薬の飲み合わせは分かっていても、3種以上の薬でどういう作用が起きるかは、無限大の組み合わせもありまして正確には分からないそうですな。
もう、体内でどんな作用が起きるかは不明だそうです。
そういう観点でも、薬は少ない方が間違いないんですが、処方された薬は残薬を出さないのが基本です。
問題がある場合は主治医に必ず聞いて処方を見直してもらうのがベストですな。

ただし、降圧剤の服用は必ず血圧を測ってからにしたいところです。
よくね、血圧100前後とかで降圧剤を飲んで救急車で運ばれてる人がいます。
透析者の血圧は腎機能が弱いため血圧コントロールが不十分ですので、変動が激しいです。
日々の血圧をメモするなどして、主治医に報告するのが1番ですね。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク