スポンサーリンク
透析ブロガーですからな。
出来るだけ手本になるようにしたいという思いはあるんですけどね。

僕の場合、ちょっとヌケてますからな~(*´Д`)

悪いところは悪い見本として反面教師でお願いしますよ~。



1番多い需要はどこか?という問題

透析は1人、1人違いますからね。
1つの病院の中では、色々統一してる事も多いですけどね。
あんまり1人、1人違ってると、ミスも起きやすいんで統一性を持たせてる病院は多いです。

が、まずもって、透析病院ごとにやり方が微妙に違ってる事も多いですからな。

例えば、透析時間の問題もありますね。

まあ、僕の場合は送迎の関係で4時間透析しかできないんですよね。
でも、それで良いと思ってます。
というのも、透析患者さん全体の透析時間で1番多いのは「4時間透析」ですからな。
多くの人が、僕の体調ややってる事を参考に出来ますんでね。

長時間透析(週18時間以上)となると、やってる人はごく1部ですから。
なので、ブログをやる以上は参考になりたいという思いも少なからずありますんでね。
そういうのも含めて4時間でも良いのかと。

僕の健康状態などで、どうすれば良いかは皆さんが判断してくれますからね。

自分の置かれた環境でベストを尽くすべきなのか? とも思います。
どっちにしても環境的に時間延長が厳しいですからな。
仕方ありません。

在宅も考えましたが、今の所は今の病院に満足してますし、このままで良いかと思ってます。

そう言えば、昔の透析をよく知る先生などは、
「最近は手根管症候群(ばね指)になる期間が伸びたなぁ。」と言ってますな。

おお!
確かにね、僕は既に左手中指に手根管を持ってますけど、15年以上透析をしててもまだなってない人も見かけますね。

しかも、そういう人は5時間透析以上やってる人のほうが多いですな。

ん~(-_-;)
そういう事も含めて時間延長は有難いんでしょうな。

しかし、時間延長をやれない環境にいる人は案外多いですからな。
魅力は感じるけど、そういう方向にいけない人もいますからな。

僕もそうですし。
逆にね、透析ブログを書こうという人は、前向きな方が多いですからね。
4時間透析で書いてる人は案外少ないですな。

ほとんどの方が4時間半以上の透析時間ですね。
しかし、一般では4時間透析の人が1番多い訳ですから。

ん~(-_-;)
なるほど。
前に、トシさんのブログのアクセスは凄いですね。
と、透析ブロガーさんに言われましたが、そういうのもあるのかも知れませんね。

自分がやれもしない(環境的に)5時間透析以上の話を書いても読んでくれないのかも知れません。
まあ、時間延長の効果は有名なので知ってる人もネット環境には多いですからな~。

ただ、僕も透析仲間が随分と増えましたが、4時間の人もネット上にまだまだいますからね。

ずっと4時間で透析してても良いのか? なども対比できる両者が必要ですから。

a0001_002528


最大のポイントは透析病院の質なのか?

ん~(-_-;)
とは言え、手根管に石灰化による首痛と肩痛、心臓が心筋症でステントを2個、更に十二指腸ポリープに腎臓がんで右腎摘出。

こりゃ、全部が全部とは言わんけど、透析量の問題もあるだろうね。

透析11年でこういう状況ですから。
しかし、元気はありますよ。

つまりは、今の透析技術だと一般的な透析でも11年元気にやっていける要素はあるという事ですな。
しかも、最近は透析以来の体調ベスト状態が続きましたからね~(*'▽')

夏場がこんなに楽だったのは透析3年目以降ありませんでした。

毎年、夏は憂鬱でしたね。

なんせね、出かけると血圧低下が起きます。
一昨年は、真夏の夜の飲み会の席で、突然血圧が急降下し、救急車騒ぎになってしまいました。

今年は体調も良いので、1人飲みが出来たりした訳ですな。
去年までだと、飲まずに帰ったと思いますね。

透析終わりで飯を食うのは家に帰ってから、と決めてますから。
以前、遠くの病院にバス、JR、電車に乗って通ってた頃は、帰りにガストで昼夜兼用のご飯を食ってから帰ってました。
7年近く通ってたんですが、6年目くらいに帰りに飯を食ったら、血圧が下がるようになってまして、結局、家に帰るまでは何も食べないというのが習慣になりました。

途中のガストが家と病院の中間点でしたからね。
行くも戻るも出来なくなったりするのが怖かったですから。

それが、この間の1人飲みでは、若干不安もありましたが普通に出来ましたんでね。

ん~(-_-;)
今年はなぜにこんなに調子が良いのか?

こりゃ、今の透析病院の実力に助けられてるところも多い気はしますね。

前の病院時代は、送迎で帰りだけは送ってくれるんですけど、家の前に着いても車から降りられなくなった事が2年間で2回もありました。
(そもそも、その時は送迎車に乗るのも大変でした。)

が、今の病院ではすでに2年5か月になりますがゼロ回ですな。

何が違うのだ?

透析時間は5時間から4時間に下がってますし。
結局、病院の質も重要なんでしょうな。
まずもってストレスがほぼゼロですから。

以前までの病院ではストレスしかありませんでしたからね。

なので、このブログでは「ストレス」が透析者の最大の敵と位置付けている訳です。
根拠は僕自身ですな。

確かに、透析病院でもノホホ~ンと透析してる人のほうがイライラしまくってる人よりも元気で長生き出来てる気がしますね。

確か、医学論文でも、イライラの多い人は気長な人より早死にするというデータがありましたから。

ましてや、僕ら腎不全末期ですからね。
すでに死病を持ってますんで、イライラは出来れば避けたいですな。

そういや、僕が通ってる病院の患者会会長さんは(女性)透析26年ながら6時間透析を受けてて、僕より元気に動きまくってますからね。
ん~(-_-;)
質と時間か。
透析を受け始めた年齢は僕と大きくは違いませんのでね。

逆に、色んな面で参考になります。

同年代からの透析患者さんがどうなっているのか? はとても気になりますからな。
今の病院でずっと透析してる方なので、僕もこの病院で骨をうずめる覚悟でやって行った方が良いでしょうな。

まあ、香川にいる間はですが。
一応、将来的には東京に再び出たいと思ってますけどね。
長時間はその時に考える事にしときますが。
今は4時間で行くしかありません。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク