スポンサーリンク
まあ、人に生まれてきた以上、いつかは死ぬ訳ですな。
人は必ず1回死ぬ事だけは誰しもが平等でもあります。

ん~(-_-;)

だけども、大半の人は死ぬ時は「病死」なのですな。


「戦死」と思わせる生き方

しかもですよ、僕ら透析を受けてますんで、事故死とかしない限りはほぼ「病死」になってしまいますな。
ん~、
なんか、人工透析で理不尽に感じるのは、どんなに頑張っても結局はそこかい!と「病死」が待ってるだけに見えるから、というのもあると思います。

いや、昨年3月にある長期に透析をやってる方と出会いました。
まあ、僕は人に興味が湧くタイプなので、その方が「凄いことやってるな!」っていうのがスグ分かりましてね。
その方のこれまでの歩みを色々追いかけました。

ん~(-_-;)

「すげ~な、この人」という事が次々に分ってくるのですな。

僕が出会った頃から徐々に体調が悪くなっていってた事で、入院や大量吐血を繰り返しながら、とても体調の悪そうな中、そういう素振りをほとんど見せない方なので、パッと見ただけだと元気に見えちゃうんですよね。

入院して寝込んでるんじゃないかと心配してたら、「射撃」とかで1位になってたりとか、なんか色々やって結果を出してくるんですよ。

最後の方なんか、あまりに細かい事に気遣っていらっしゃったので、思わず
「そんな事は僕らでやるんで。」と僕も言っちゃいました。

あんまりにも凄かったので、訃報を聞いた時に、「この人は病死じゃない、戦死だ!」と感じました。

そうか~(-_-;)
人はこう生きるべきなんだな、というのを感じさせられましたね。

a0007_001384


真似できないと思わせる偉大さ

まあ、そういった人がいた場合、1回同じ事をやってみるといかに凄いかが実感出来るんですな。
なので、僕も1日2記事更新というのを出来るだけやるように心がけました。

一時は3記事更新もやってたんですけど、精神的にかなり追い込まれたので2記事に落としました。

真似しようとしてもそういう人の真似はほとんど出来ない訳でしてね。
やってみるとその難しさを痛感するんですよね。

ただ、その方がお亡くなりになられて、築き上げたモノは形が無くなっても心には残る訳でして。

他にも、わざわざ自分から苦労を買って出て色々やってる昇兄ぃみたいな人もいますんでね。
大勢いますな。
僕もなんかやらなきゃ、と思うんですよね。

まあ、同じ事はとてもできないと痛感したので、僕は僕の道を模索しながらやって行こうと思います。

人は誰もが人生という名のフィールドで戦っている

普通「戦死」というと戦場で死ぬ事を指す訳ですが、まあ人というのは人生という名のフィールドで戦って生きていくもんですからな。
ちゃんと戦えてる人は「病死」でも「戦死」で良いと思うんですよ。

名目などはどうでもよく、結果何を残したかで「戦死」というイメージを与える事もできるんですな。

そういうイメージを与える人が周りにいると、自分もそうなりたいと思うのは自然の感情でして。

こんな「人工透析」というものと戦っているのに、「病死」じゃつまりませんからな。
「戦死」になるような生き方を模索していきたいと思いますな。

ま、世の中を見れば、良い手本も、悪い手本もワンサカあるんですよね。
そういうのも見ながら、いかに自分の道を切り開いていけるか。

僕の場合は先の先に大きな目標があるので、最終的にはソコに繋がっていくように持ってかなきゃならない訳でして。

僕1人で出来るとは思わないし、恐らく僕はその道筋をつける事が役目なんでしょうな。
そこさえ作っておけば後進の誰かが必ず完遂してくれるものと信じて。

人のつながりや、流れを感じますな。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク