スポンサーリンク
ん~(-_-;)
結構、急激に透析知識が付いた事もあります。
穴だらけのところもありますな。

しかし、今の病院に転院したのが2年半前、2015年3月です。
それ以前は、今の知識が無かった訳ですな。

何も知らずに透析を受ける。
どうなんでしょう。
今となっては怖い気もします。
血圧低下しにくかった5時間透析

僕の透析での悩みは、血圧低下です。
特に2013年、心筋症を発症して以降、顕著に血圧低下が起きるようになりました。

踏ん張りがきかないというか、血圧低下時の歯止めが少しききにくくなりましたね。

そもそも、32歳の時に240-145という人間離れした高血圧から、今は良くても120-75くらいですからな。
半減してる感じです。

最初4種も飲んでた降圧剤が今はゼロですから。(アーチストは処方されてますが、心臓の薬としての処方です)

2013年、透析時間が5時間になりました。
ここから1年半の間、5時間の透析だったんですが、透析中の血圧低下が心配でしたね。
ところが、透析中に血圧低下する確率は半減してました。

当時は、僕も知識に乏しかったし、摂生自体もいい加減だった時代でしたからな。
5時間透析なら4キロ増えても、時間800で引けば引き切れるとばかり、4キロ増えをやってましたね。
まあ、除水量が大きいと血圧は下がりやすいのが普通ですからな。
ただ、4時間で3.6キロ(時間900)を除水するよりも、5時間で3.6キロ除水した方が当然血圧低下の確率がグッと減ってました。

逆に中1日で4キロ増える事は滅多にありませんからな~。
1週間の中で、中1日の時に増えが少ないですから。
水曜、金曜(当時は月水金でした)の透析はラクでした。

時間当たりの除水量が減ってましたからね。
1時間延びた分、余裕が出来たという事でしょう。

a0002_003114


透析の矛盾点を上手にやる

まあ、除水量が大きいと、心臓に負担がかかるというのは言われてますんでね。
少ない方が良い訳ですが、一方で栄養の問題もあってあっちをとればこっちが立たずのような矛盾点が透析では実に多いです。

そういう矛盾点をいかに上手にやるかが、逆に透析の醍醐味になってますね。

先生達の透析談話が面白いと感じる人がどれくらいいるかは分かりませんが、僕にとっては面白いです。

僕の場合ですと、まあちょっと自分に甘いところもありますんでね。
中2日の時は、増えが体重の4%~6%が最も予後が良いという自分に都合の良いデータを引っぱり出してきてやっております(-_-;)
僕のDWは69.5ですので、70キロとして考えて増え2.8キロ~4.2キロという事になります。

今は4時間透析ですので、4.2キロなどの除水は不可能です(僕の場合)
2.8キロの増えですと時間700の除水なので、血圧低下の心配がグッと減りますな。
つまり、中2日時は最低でも2.8キロ分くらいは食べて来よう作戦です。

実質は4キロ以内であればOKとしてますね。
どっちみち、僕の食生活はほぼ安定してますんで(たまに外食もありますが)中1日の時は増え2キロ前後で安定してる分、火曜の透析では多少余しても良いという緩い感じでお気楽にやってます。
除水を余すのは、やはり内臓に悪いはずなのでお勧めはしませんよ。
しかし、昨日の記事でもアップしましたように、ストレスも血液データに影響してる要素はありそうなんでね。
お気楽にやるという事も大事だと考えてます。

今週も火曜は3.9キロ増え(リンス分0.2込み)で除水3.4キロ、0.5キロ残し。
木曜は増え2.6キロ(実質2.1キロ)で全部引き切ってます。(なぜか0.1キロ余計に引き切ってました)

こんな感じなんですよね。

まあ、一般的には、週末は普段よりも食べる量を減らさないと、増えが大きくなるんで、土日、日月は食べる量を減らしてる方も多いと思います。
僕はあんまりそれをやらないんで、火曜日の増えが3.9キロとかになってしまうんですよね。
お勧めはしませんが、とりあえず今はそのやり方でやってみてどうなるかですな。

逆に週末の食事を抑えて、中1日で多めに食べるというやり方もありでしょうな。
そっちの方が健全かも知れません。

栄養士さんからは、毎日同じカロリー摂取は難しいので、1週間トータルでやれば良いですよ。
と言われておりますんでね。
僕のように、毎日同じにする必要はないのかも知れません。

臆することなく水を入れてもらう

血圧低下のアプローチとして1番大事だなと僕が思うのが、増え幅と透析での血圧低下を避ける事です。
個人的に除水が僕のようにたくさん出来ない人もいますんで、透析中、血圧低下が起きた時に、水を入れてもらうのを嫌う人もいると思うんですが、僕は血圧が戻るまで入れてもらいます。
僕の場合は200cc~500ccも入れてる時がありますね。

透析終わりで体重を計る際にフラフラしない状態を作っておけば、透析から帰った後のフラフラ感も起きにくいですから。
まあ、そういう事を言うと、
「増えが多いから駄目なんだよ!」という人もいます。
それはその通りなので、全く異論はありません。
が、増えだけを気にしすぎると、栄養面がというのもあります。

僕の場合、透析導入から最初の5年ほどは、かなり摂生してました。
86キロだった体重がその5年間で66キロまで下がりましたし、日曜日の晩ご飯を抜いてた時期もありました。

食のストレスも含めて、月に1回だけ腹一杯食べても良い日なんかも作ってましたな。
体重が下がって行くんで、月に1回マクドナルドの日も作ってました。

4時間透析で真面目に摂生してたら、誰だって痩せていきますよね~(*'▽')
当時の透析仲間から、
「ちょっとぽっちゃりの人のほうが長生きできるらしいよ~。」と聞いてから、摂生がいい加減になってしまいました(-_-;)

せっかくぽっちゃりなので、ぽっちゃりキープ(>_<)
とか言ってましたな。

「明るく朗らか」も血液データに影響する?

一方、腹一杯食べても良い日は今はありませんが、火曜日に全部引き切れた時は、水曜日にカレーライスの日を設けました。

週頭に全部引ききれれば、残しがないので、水曜は増えやすいカレーライスを食べて良いという事になってますな。

作って食べておりますが、このところ、火曜日の増えは少し余し気味ですんで、カレーライスが遠のいてますけど(-_-;)

ま、カレーはほとんど水分と言っても良いような食べ物ですからな。
しかし、カレーにはスパイスの中に過去の嫌な思い出を消せる成分が入ってるとも言うし。
たまには食べたい。

そう思って食べる事で、嫌な事を忘れ、自分が朗らかになった気がする。
そういう思い込みも大事です。

気持ちが明るくなれば、それでも血液データが良くなるというのも過去データで実証してますんでね(真偽のほどは他の要素もあり正確ではありません・が過去のデータでキリキリしてた頃のデータが極端に悪いのも確かです)

さて、今日は、白鳥どうぶつ園にでも行ってきましょうかね。
気分転換ですな。
おひとり様で動物園に行く(-_-;)
間もなく50のおっさんが( `ー´)ノ

10月には大阪USJ1泊の旅も決まりましたし、腎友会関連で高知遠征もあるらしいので、お出かけが増えましたな。
お金貯めるのに苦労しました。

大阪USJへは平日に行くので、透析との絡みがあったんですが、病院に相談したらその週だけ透析の曜日が一部変わり変則透析となりました。
受けてもらえなかった場合は、大阪に先乗りしてUSJに行く前日に大阪で臨時透析しようかと思ってたんですけど、人生初の臨時透析はなくなりました。

ん~、残念。

まあ、臨時透析もそのうち出来るでしょうからな。

とりあえず、お出かけしてきます~(*'▽')
白鳥どうぶつ園の記事は夜にね。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク