スポンサーリンク
さて、困りましたな。
何年かぶりに「胃の不調」が出てきました。

ん~(-_-;)

脳血管系、心臓系、感染症系、がん辺りに次いで来るのが消化器系の疾患ですからな。
透析を受けてて、消化器系の問題を抱えている患者さんは多いですな。
意外と多い、透析者の胃の不調

ちゃんとした統計を見てないで書いてるので、言い切る事は出来ませんが、「逆流性食道炎」や「胃潰瘍」の患者さんは多い気がしますね。

僕自身がストレスを随分と軽減して、胃の調子が良くなったという部分もありますんでね。
そういった体験も含めて「ストレス」にはかなり言及してきてます。

普通に生きてても、ストレスはありますからな。
プラス透析でのストレスまで加われば、そりゃ、胃の疾患も出るだろう! と思います。

あは(^◇^)
僕も、「胃カメラ」というワードを聞いた途端、また胃の調子が悪くなるくらいですから。
よほど、去年の胃カメラが苦痛でトラウマになってたんでしょうな。

しかし、胃は透析患者にとって舐める事のできない部分なのですな。
そもそもが、薬を多用してます。
胃を荒れさせる要素の強い薬を飲んでる事も多いですし、胃粘膜も弱めます。
そういう事が(透析でのヘパリンの使用、薬の多用、ストレス)胃にダメージを与えてますのでね。
別段、透析者に胃疾患が多いのは不思議でも何でもないです。

ただね~、そういった胃の諸症状と「胃がん」の諸症状は似てますからな。
体感では判別がつきにくい訳です。

ヘパリンなどの抗凝固剤の使用は透析では仕方ないですが、それ自体は問題がなくとも、胃に疾患があり出血とかをしてる場合は出血を助長してしまいますから。
最近も、僕の知り合いで、このブログをよく読みに来てくれる患者さんが、胃出血によりヘパリンの使用に問題が起きたようです。

不快感や痛み・吐き気や嘔吐・胸やけ・胃もたれ・食欲不振・体重減少や体がだるくなる
こういった症状は胃炎程度でも出ますし、「胃がん」でも出ますからね。
結局、胃カメラを飲むしか発見方法はありません。

DSCN2459


胃カメラ、実はそんなにしんどくない

いや、消化器系の疾患は「大腸がん」なども含みますからな。
もうね、上から下からカメラ突っ込まれる事になりますよ。

まあ、ほよんどの病気は「早期発見」が重要なんですが、消化器系は特に早期発見で根治しやすいモノでもありますんでね。
胃の異変を感じたら、胃カメラはやむを得ません。

まあ、僕が胃カメラがトラウマになってるというのが、ダメな事なんですが・・・。
いや、胃カメラには口から入れるタイプと鼻から入れるタイプのものがあり、また、麻酔で寝ている間にやる胃カメラもあります。

僕は鼻からの胃カメラの経験はありませんが、麻酔で寝ている間にやる胃カメラの経験はあります。
メッチャ、ラクです(*'▽')
口に突っ込む前に意識がなくなり、目が覚めたら終わってます。
胃カメラ終了後、1~2時間の安静は必要なので(麻酔がかかりましたので)全体の所要時間は伸びますが、苦痛がないためお勧めです。

僕の場合

じゃあ、なんで、僕が胃カメラが苦痛になってるかと言いますと、2013年に心疾患が発覚して心臓の周りの血管にステントを造設しました。

その際に「造影剤」のアレルギーなのか、激しい蕁麻疹が出ましてね。
顔が腫れあがりました。
ソコ!
普段も腫れてるじゃねえか! とか言わない(-_-;)

で、ちょっと出来ればそういった麻酔などの薬をあまり使いたくないというのがありましてね。
出来るだけ、起きて胃カメラしてもらおうとしてた訳です。
ま、それでも以前の病院では胃カメラの先生が香川医大から来てまして、うまかったんですな。
なので、口からの胃カメラで麻酔で意識を飛ばさず普通に受けられました。

僕の場合、十二指腸ポリープがありましたんで、胃カメラにかかる時間がやたら長いんですよね。
胃を見た後、十二指腸も入念に見ますので、所要時間が倍近い訳です。
なかなか終わりません。
そういうのもあって、今胃カメラをやってくれてる病院のカメラが太いのもあって、結構辛い胃カメラとなってしまいました。

寝ている間にやる胃カメラ

それでなくても、透析では食に対する感覚が大事ですから。
胃が受け付けないというのは有り難くない兆候ですな。

多くの方からコメント頂きましたが、胃カメラを受ける時は、
「先生、麻酔で寝てる間に出来る胃カメラはあるんですか?」と聞けば良いですね。
無くても、鼻から出来るヤツで!と言えばそっちでやったほうが楽です。

あは(^◇^)
僕もなんだかんだ言っても、もうかれこれ10回以上胃カメラを受けてます。
1番最初は24歳頃に新宿の病院で受けました。

まあ、そもそもですな、胃の調子が悪い時に胃カメラを受けますからね。
ゲボゲボ言いやすい訳ですな(*'▽')

で、しんどいのもあります。
なので、是非麻酔で寝ているうちにやってもらえるヤツでやって下さい。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク