スポンサーリンク
まあ、例によってネットサーフィンしてる訳ですな。

昨日は臓器移植キャンペーンに出席しましたんで、過去の臓器移植キャンペーンはどうだったのかな? などと、ずっと調べてました。

そんな時、あるものが・・・Σ(・□・;)
ネット上に残された県腎協青年部の苦闘の歴史

まあ、差し支えがあると困るので、リンクは貼りませんけども。

ある掲示板が見つかりました。

おお!
いち太さんや、ふらんどるさんがたくさん書き込んでますなぁ。

そうか、かつてのネット上では、まだ今のような世界では無かったんでしょうな。
今はすでにフォーマットが出来てますけども、かつては試行錯誤しながら皆さんやって来たのでしょう。

いや、そうですよね。
青年部の年齢制限が何歳なのか知りませんが(45歳とか50歳とか?)そもそもが人数が少ない訳ですよね。
透析医会のデータを見ましても若年層にいくほど透析者の人数は少なくなっていきますから。

かつては青年部会なども手探り状態の中でやって来たんでしょう。

全国の青年部の方々から激励的なコメントが多く寄せられていました。

おお!
そのハンドルネーム、知ってる(^◇^)
知ってる人だらけだ(*'▽')

その掲示板が始められてるのが2006年8月21日。

ん?
僕の透析導入が2006年7月18日。

おお!
僕のヘタレ状態がスタートした頃にこんなに頑張ってる人たちが裏にいたのですな。(あ、いや、僕が裏でその人たちは表か(-_-;))

なんと(*´Д`)

試行錯誤しながらみんな一生懸命やって、今のシステムが出来上がってきたんでしょうな。
よくぞ、大事な歴史がネット上に残ってたもんです。

これはなくなると困りますな。
後世に残さなくてはなりません。

よし、その掲示板はすでに更新されてませんのでね、僕がもらったぁ(^◇^)

僕が香川県腎協青年部の活動報告しときましょう。
写真が貼れないんで、僕のブログリンクしときます。

そうか、これ激務ですな。
各地の青年部長さんは。
イベントの企画、準備、人集め、そんなのをたった数人でやってたんでしょう。
地域によっては青年部長さんだけでやってたりするんでしょうな。

そんな苦労を自ら買って出てやってた訳です。今もね。

その中には、今も透析を受けられてて、Facebookで僕の友人になってくれてる人も多数いました。
何という事だ(-_-;)

「そんな事して何の得があるの?」などと揶揄する声を聞く事もあったでしょう。

そういう声に惑わされる事なく、皆必死に各地で歯を食いしばってやって来たんでしょう。

その間、僕もヘタレてきてた訳ですよね(-_-;)

DSCN2512


今はある程度フォーマットがある

既に安定路線になっているんですよね。
ある程度、マニュアル化されてきてて、活動も確立し、やり方が大体決まって来ている状態です。
ここまで来るのに、何年もかかって苦労されてきた人がいるという事でしょう。

そうかぁ。
僕も患者会が無い病院にいたとはいえ、知らなかったとはいえ、なんか悲しい気分になりますな。

今朝のふらんどるさんのコメントを見ても、20年前は臓器移植キャンペーンもブラスバンドを引き連れて商店街を行進してたと言いますからな。
人集めや準備にどれほど大変だったか? 

企画し、運営して行く事は大変ですからね。
僕は何もしてこなかった訳です。

そして、今は手が足りないという状況が加速してきてる状態です。
前から人手は足りていないのに、更に足らない状態になってる訳ですからね。

もう、青年部長さんは大変ですね。

今後、下手したら数年以内に青年部とかの分け方がなくなる可能性だって考えられると思います。
各地の県腎協で青年部運営不能のところが出てき始めたらそうなるかも知れません。
でも、その地域に1人も若い患者さんがいない訳ではないんですよね。

いつかその日のために

そういった葛藤の記録が各地の腎友会ごとに残っているかも知れません。
こういうのは財産ですからね。
掲示板は2017年ではちょっと古い形態のものかも知れませんが、残しておくべき遺産ですな。
ですので、僕が更新を続けていく事で、もしかしたらこれから透析導入する県内の若い患者さんが見て歴史を知り、気持ちが動くかもしれませんのでね。

何とか残していきたいですね。

まあ、僕も自分が書いた昔の文章などは、ただ恥ずかしいだけなのですけどね。
それでも、積み重なっていく歴史を感じられるモノは、後学になって行きますから。
せっかく残ってるんで、そういうのが得意な僕が引き継いでおけば良いですな。

そして、僕がいなくなっても同じように誰かが大事だと思って引き継ぐかも知れませんから。

そういう事が積み重なっていくうちに、いつか透析界がもっと暖かい風に包まれるようになっていて欲しいです。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク