スポンサーリンク
患者会の話にばかりなってすいません。

ん~(-_-;)
しかし、近々の課題だと思うんですよ。
透析の医療費が上がっていく事は困ると思うんですよ。

でも、じゃあなぜ、患者会加入率がこんなに下がって行くのか? っていう問題ですよね
メリットを作っちゃう作戦はできないのか

僕も実際に患者会活動をして思う事、
「入って何のメリットがあるの?」って確かに言われましたよ。
本当にアレ、言う人がいるんだ(-_-;)

まあ、これに対し、「はぁ???」ってなっちゃうんですけどね。

多分ね、自分1人が入らなくても医療費なんか変わらないだろうという思いがあるんじゃないでしょうかね。
ある意味、「選挙に行っても1票じゃ変えられないから」と言って選挙に行かないっていう感覚と同じなのでは?

その1票が大事。
その1人から変わるっていう事を気付かないフリしてる人は多いですよ。
なんでもです。

じゃあ、そのメリットってヤツを作るしかないかと思いますよ。

患者会にもそれぞれ役割がありますよね。
全腎協、県腎協、病院内患者会(地域患者会)で役割が違ってきますよ。

1番自由度が高いのが病院内患者会(地域患者会)ですんで。

全腎協や県単位では、どうしても法人レベルですのでね。
社会貢献なども考えていかなければなりません。
そういう意味では、自由度は低い訳ですな。

しかし、病院内患者会であれば予算は少ないけども、自由度は高い訳です。

昨日書いた、カラオケの全国大会も、全腎協や県が絡むと出来ませんが、全国病院内患者会が連合すれば出来る訳ですな。

その前にメリットが必要なんですよね。

いや、ある地域では、地域の透析病院送迎システムを作り、患者会に加入してないと利用できないという風にしてますね。

まあ、これは香川でも考えていたらしいですが、雪国とは事情が違うために難しいらしいです。

患者会に入って無ければ利用できないモノを作るのも手なんですけどね。

DSCN2313


地域連合化

後ね、病院内患者会もそろそろ連合していくべき時に来てると思うんです。
例えば、僕が今年3月に参加した「江東区腎友会」も東京の江東区で連合してる訳ですよね。

いや、僕の今通う病院と、透析導入した病院はスグ近くなんですよ。
導入病院のほうは、患者会が無い訳です。
それなら、いくつかの近隣病院で1グループにしても良い訳ですよね。
で、できるだけ患者会の無い病院を減らすのも1手ですな。

そうする事で裾野を広げていく訳です。
各病院で固まる必要性は特にありませんよね。
まあ、組織が大きくなると問題も出てきますが、2病院、3病院くらいの連合であれば、そうそう大きな問題は出ないと思います。

実際、都市部では各病院とは別に地域ごとに分けてるところもありますよね。
香川のような小さな県でもそうすると良いかも知れません。

実は、先日の四国ブロック交流会で、参加した香川の患者たちは会長も含めて8人だったんですが、同じ病院の患者さんが4人で来てました。

ん~(-_-;)
偏るんですよね。

僕にしても送迎で透析に通ってる関係で、ゆっくり他の患者さんと話してるヒマが無いんですよね。
同じ時間帯に若い患者さんは少ないですし。

そういうのに積極的に参加しようとする患者さんも年々少なくなって行ってます。

言うのは簡単、なかなか思うようにはいかない

まあ、この程度の事は今までも、当然話に出てる事だとは思うんですが、実現されて来てませんので(少なくとも香川では)僕の代でやっていっても良いのかなと思います。

病院内患者会でも、熱心なところと、そうでないところがあります。
で、ネックになるのが、世話係というか、長になる方がいないという問題ですね。

自分からやりましょう!
という僕みたいのがいませんからね。
面倒は引き受けたくないというのが誰でも本音だと思います。

そして、患者会は力を失い、形ばかりのものになっていくのでしょう。
最後は一部の首都圏の患者会だけで全腎協は運営しなくてはならなくなるかも知れませんね。

ただね、こういうのは気持ちの問題ですから。

透析を受けてる以上、年間500万円前後の医療費をほぼ無料に近い状態にしてもらってる訳です。
その分を返すという意味合いも含まれてると思うんですよね。

僕なんかはまだ収入が年100万にも届きませんのでね、所得税は払ってませんから。
ですので、別の所で貢献が必要です。
仕事をするか、こういったボランティアをやるか、どっちかくらいはしませんと。

まあ、医療助成が当たり前だと思ってると痛い目を見る事になってしまいそうですな。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク