スポンサーリンク
いや、先生(-_-;)
僕みたいな常人は、8時間透析とかはゾッとしますよ~(*´Д`)

ましてや、週4回以上の頻回透析なんか、考えるだけで恐ろしいです。

が、体調は今より良くなりたい。

ん~(-_-;)
我がままですいません(*´Д`)
在宅透析に憧れはあるけども(-_-;)

という事になりますと、やはり在宅透析なんでしょうか?

在宅なら、夜寝る前にスタートして5時間で起きて透析を終わらせ、そこからまた2時間くらい寝て朝起きる。

で、これを週4回やる。

ん~(-_-;)
このくらいなら耐えられそうだ。

そのまま起きちゃっててもいいし。

多分、僕なら自己穿刺も出来ると思うんですよね。
それほど苦痛にはなりそうにないんですが。
ただ、おっちょこがあるんでね。
何がしか大事な事を忘れてスタートしたりしないか? という問題が(-_-;)

いや、高校出た後、専門学校に1年行って四国に帰り車の免許を取ったんですよ。
その後、1年半くらいは運転してたんですよね。
実は東京の某女子医大の今は有名になってる先生が香川医大の学生だった時に、セリカを10万で売ってもらいました。
ドアとか壊れてるヤツね。

しかし、おっちょこは時々出てしまい、結構あぶない目に遭ってます。
事故こそ起こしてないですけどね。

セリカがメチャ走る車でしたんでね。

その後、東京で就職が決まったので、そのまま運転しなくなったんですよね。

完全ペーパードライバー(-_-;)
ゴールド免許炸裂なのであります。

1回、姉のジムニを30メートルくらい運転させてもらったら、オートマが初めてだったのと、運転が13年ぶりくらいだったので、恐い、恐い(-_-;)

スグやめました。

という事で、おっちょこがあるので、在宅はなぁ。
でも、Oさんでも(すいません(-_-;))出来てるしなぁ。

とか、色々悩みます。

ちょうどね、青年部交流会で在宅透析をやってる香川の患者さんがいましたので、根掘り葉掘り聞いてみました。

が、やはり踏ん切りはつきませんね。

DSCN2312


安心感の違いもあるし

僕のように優良透析病院で透析してますと、病院への不満がほとんどないですのでね。
透析も病院で受けている安心感が抜群ですから。
何かあっても、近隣に大病院が乱立してますし、病院内にいますからな。

その安心感。

自分ちで透析しても、近隣に大病院で透析付きの所がありませんから。

ここかぁ。

という事は、やはり、いつかは都会へ出ないとダメなんでしょうか?

ん~(-_-;)

その場合は、自分が受けたい病院で在宅支援してもらえますからね。

そのほうがいいんかなぁ。

どうしたもんだか(*´Д`)

しかし、いや、しかし、いや、でも、そう言えば、だから、いや、でもなぁ・・・。
繰り返しですな。

結論が出ず、ズルズルと外来透析が続いております。

考えてるうちに大損してる気もします

でもですな、今は透析に行っても、4時間透析を受けるために7時間30分くらいかかっている計算になるんですよ。
遠いですからな。

家でそれを透析したらどうなるかって話ですよね。
準備や片付けを入れても、6時間半くらいは余裕で出来てしまいますな。

凄く無駄な時間を過ごしてる訳です。

一応、往復は瞑想時間なんで、全くの無駄という訳でもないし、そのうちタブレットとモバイルを手に入れたら往復時間も仕事出来るし。

まあね、こういう事でイチイチ考える訳ですな。
みなさん、同じかと思います。

僕の場合は自己穿刺が出来る気がするんで、どおって事なさそうなんですけど、おっちょこだけが心配。

指差し確認しながらやるしかありませんな。

野望の中には東京進出も含まれてますんで、そうなった時に考えるか、と先延ばししまってるんですが
・・・。
まあ、僕の場合は、今の病院に不満が無いのと、それなりにまだ恵まれてる透析になってますんでね。

で、踏ん切りがつきにくいかと。

こういうのも、また運命なのか(-_-;)

とりあえず、目の前の仕事をやっつけるか。
1つ、まあまあの仕事が入りましたんで。

選挙が始まってしまうと、政治記事の仕事が難しくなってしまうんですよね。
逆に、そういう時は別サイトからの依頼があると助かるんですが、運良く来ました。

こりゃ、時給100円の仕事になってしまいそうですな(-_-;)
さっき、ちょっとだけ調べてみたら、全然分からなかった(*´Д`)
とりあえず、そこからスタートです。

ん?
結局、在宅はどうするん?
いや、とりあえず在宅ワークのほうが先です。

おあとがよろしいようで・・・。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク