スポンサーリンク
84歳のじいちゃんがね~(-_-;)

透析3年のじいちゃんなんですけど、このじいちゃんが結構面倒臭い。
同じ送迎車チームなんですけど、10人乗りの車で後ろのシートは2、2、4人の8人乗りです。
で、僕は後ろのシートの1番前。
ここだけ開く窓がついてます。
84歳のじいちゃん我がまま放題

で、僕の後ろにその84歳のじいちゃんが座ってるんですけどね。
窓を開けたがるんですわ(-_-;)
真冬でも(*´Д`)

窓を開けられると、その寒い風が僕に直撃するんですな。
なので、開けないでくれと頼んでるんですが、黙ってスーッと開けるんですな。
後ろのじいちゃんが。

さすがに今年も寒くなって来ました。
「行き」は開けても寒いと言うほどでは無いですが、帰りは20度を切ってますし、下手すれば13~14度になる場合も。
なので、寒いから開けないでくれといつもひと悶着になってしまうんですよね。
開けたところで、後ろのじいちゃんに対して風は来ないのにですな。

さすがに今日は
「嫌がらせか! おい!」
あはは(^◇^)
ついつい出ちゃいました。

別にお礼を言われた事もなければ
「すいませんけど、開けてもらえませんか?」と言われたこともなし。
自分が降りる時に閉めることもなくほったらかし。

僕が
「ちょっと寒いけん、勘弁してくれ!」と言っても、
「開けてや!」というのみ。
礼儀もクソもない。

さすがに見かねた運転手さんが味方はしてくれましたけどね。
後ろを開けると運転手さんも寒いでしょうからな。

昼間はモメてもつまらないので、そのじいちゃんが乗って来る前に僕が開けてます。
じゃないと僕のオラオラが出ちゃいますんでね(-_-;)

僕の後ろは窓関係ないですからね。
僕の横の窓なので。

でも、イチイチもめるのもしんどいので、昼は僕が気を利かして開けてる訳ですな。

しかし、夜はやめて~(*´Д`)
サムユス・・・。

DSCN1767


送迎車中で最もメンドクサイじいちゃん

愚痴になってしまい、すまぬ(-_-;)

このじいちゃん、前から気に入らなかった訳ではありますが。
なんせ、車に乗るのにマスクはしない。
「マスクすると息がしんどいから」
ん~(-_-;)
みんなそうだけどね。
でもマスクくらいはする。

患者会には入る気、全く無し。
体重も最近は増えるようになってしまいましたな。
うちは一応、透析中の飲食は許可がいるんですけど、このじいちゃんは無許可でお菓子をポリポリ。
送迎の車の中でもポリポリ。

周りの迷惑とか一切顧みない。
自分最優先。

ん~(-_-;)
こういうじいちゃんはたまにいますからな。

で、僕が文句を言うと、しゃべらなくなる。
無視してくる訳ですな。
あはは(^◇^)
男なのに(*'▽')

高齢者でも透析で生きられる

月5千円の負担で高齢になってからの透析導入でも透析は受けられる(香川県の場合・人工透析になる原因疾病が65歳以降の患者さんは月2500円~2万円で透析を受けられます)。

まあ、そういうじいちゃんでも、性格とは関係なしに月5千円で透析は受けられる訳です。
で、本来なら死ぬような大病である腎臓病でも生きられる訳ですな。
時々、アチコチに旅行してるようです。

送迎車の中では、色々起きてカチンと来ることもありますが、もっと良いじいちゃんもいますからな。

やはり、そういう高齢者さんに透析導入できない世の中にはなって欲しくないです。
本人がそれで良いのなら、透析できる日本であって欲しいですね。

まあ、僕もそう思うんで、患者会活動もするようになった訳です。
今回、愚痴を言ってしまいましたが、別に誰かに感謝されようとも思わないし、ここは誇りとかプライドとかの問題ですな。

正しいと思える事を、理解もされないのにやるというのは、結構自分自身を好きになれますからね。

そういうのが大事なのかと思いますな。
しかし、その我がままじいちゃんは、そういう事も知らず、勝手気ままに生きるでしょうな。
別段、どうでも良いですけどね。
周りに偏屈扱いされるようになってくるでしょうからな。
僕は僕の道を行くしかありませんな。



↓↓↓恐れ入りますがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げます。

↑↑↑面白ブログ満載のランキングが見れますが同時に1票がはいります(*'▽')


        スポンサーリンク