スポンサーリンク
これは、僕がまだ東京にいた頃の話なんですが。
(当時は20代です)

僕は通販会社で広告を作るという仕事をしていましたから、広告代理店さんとは当時深い付き合いがあった訳ですけれども、そういうところからたまにちょっとしたアルバイトの話をもらって、やっていた事があります。

ある映像制作会社の編集作業の下働きなんですが・・・。
メインの編集者が、機械を操って映像を切ったり繋げたりしてる中で、僕は指示に従ってお手伝いする仕事です。

当時、深夜にやる事が多かったので、手当的にも(バブル期直後くらい)時給1400円くらいで良かったんですよね。(当時としては)

まあ、そこでは何度か働いてるので、僕はすでに打ち解けてて、クチャクチャしゃべりながら、和気あいあいとやってました。

しかし、この日やってたのは、特番の「恐怖映像」だったんです。
僕は基本的に霊感は無いし、こういう心霊系のビデオとかは、平気で借りてきて深夜に一人で電気を消して見るタイプでしたから、全然平気なんです。('▽'*)ニパッ♪

その時、メインの方が、「倉庫のビデオを持ってきてくれ!」と指示されたんで、1番下っ端の僕が取りに行きました。
と言っても隣の部屋の物置きなんですけどね。

僕はそこを物色しながら、ようやく支持された恐怖ビデオが入った段ボールを見つけます。
4~50本のビデオが入ってました。

DSCN0424


3本指示されていたんですが、2本は簡単に見つけましたが、あと1本が分からない。
で、全部出してみたんです。

そしたら1番下に赤い封筒に入ったビデオがありました。

その赤い袋には両面に黒マジックで大きく文字が入っていました。

「絶対見るな!絶対開けるな!見た者2人死亡!3人病院送り!」
(((( ;゚д゚)))

と書いてありました。

うおあ!Σ(`□´/)/
すぐさま、元に戻し、大急ぎで残りの1本を探し出し、震えながらみんなの元へと戻りました。

〇〇さ~~~ん、アレ何ですかっ!Σ(´д`;)

おっ!見ちゃったか?

皆さん察してるようです。

あれはな、有名な霊能者でも危険すぎて扱えないと言われ、誰にも供養してもらえないビデオなんだ!

その怖さはアレに書いてあった通りだ!

と言うのです。(((( ;゚д゚)))

おおおおお!
さわっちゃったよ~~~(;´Д`)

先に言って下さいよ~~

言ってたら、あっちに取りに行けたか?
アレのせいで、あっちの部屋は誰も入りたがらないんだ!(゚ロ゚;)エェッ!?

その秘密を知らないのはトシだけだったからな。(; ̄Д ̄)

ううううおおおぉ!(((( ;゚д゚)))

それから4年後、僕は体を壊し四国に帰る事になる。
更に10年で人工透析となってしまった・・・・・・・・・・・・・・・


↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へにほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

        スポンサーリンク