スポンサーリンク
アベノミクスって失敗してるんでしょうか?
日本人である我々の生活に直撃する事案ですからね~。

結構これは重要ですよ。

まあ、しかし、アベノミクスがうまくいってるなら、こんな事件は起きない訳でね。

3歳児おなかすいて盗んだ!両親は借金背負い不在
これは昨日、ソーシャル上で知り合いが取り上げてたので知ったニュースなんですけどね。
こういう事が実際に起きてるんですよね。

こういう事件が起きる。
これは日本経済とシステムの危うさが浮き彫りになってます。

あ、先に言っておきますが、僕は阿部首相を批判するつもりもないし、擁護するつもりもありません。
どちらかと言えば、日本を擁護しますよ。

サイト記事書きの仕事では、そのサイトのカラーに合わせて、右でも左でも言われた通り書きます。
仕事ですからね。

でも、このブログは政治は関係ないので、基本中立です。

そこまで踏まえて、現在の日本の経済状態というのはどうなんでしょう。

餓死者が出たり、子供が万引きしなきゃならなかったり、そういうのは一昔前なら、ほとんどありえなかった事です。
まあ、地域のコミュニティー力が落ちてる事も原因にありますが、安倍政権は「1億総活躍社会の実現」というスローガンを掲げている割に、やってる事は、末端の人間をないがしろにし過ぎてるような気がします。

DSCN0582


そもそも、アベノミクスが失敗するのは多くの経済学者が感じていました。

なぜ失敗すると分かったのか・・・、そこは超初歩的ミスをしてるからです。

日本はバブル崩壊後20年に渡ってデフレ状態が続きました。

まあ、誰でも簡単に分かるように例えれば、
インフレ=物の価値が上がり、物価が高騰していく
デフレ=物の価値が下がり、物価が下がっていく

アベノミクスの最初、まず物価を2%上げて、給料のベースアップを2%上げるというのをやっていました。
ここに超初歩的ミスがあります。

続いているデフレをストップし、インフレ気味の方向にしたいのは分かりますが、最初に物価を2%上げようとした時点で失敗が確定しました。

物価というものは、売れすぎて、その市場に品薄の状態が起こり、価値が高騰してこそ上がっていくものです。
売れもしないものの物価を上げてしまったら、余計に売れなくなります。

こういう形で物価だけ上げて、商品の価値を下げてしまっては、インフレは起きず、デフレが更に進んでしまいます。

余計に売れなくなってしまった商品をどうするのか?

結局、値を下げて売るしかなくなってしまいますよね。
値を下げてしまえば、より一層デフレが進むだけです。

期待感が高く、株価が上がってくれたおかげで、デフレが思ったより進まなかっただけで、物価を問答無用で2%上げても効果は逆効果なのです。

つまりアベノミクスは、経済学を学んだ大学生レベルの人なら簡単に分かるレベルの失敗をしてしまいました。

物価など上げなくても、消費税を上げれば、必然的に物価は上がります。
なのに、消費税以外で物価を上げれば、そりゃあ、デフレスパイラルから抜け出せる訳がない。

物価を上げてインフレ化に持ち込むには、売れすぎて品薄の状態を作らない限り不可能です。

そして、日本人は価値が高いものには並んででも買おうとします。

そういう状態に持ち込んでこそ、物価が上がっていくのです。

この理論を無視している状態ではデフレ脱却など、100年かかっても出来ませんよ。

安倍政権は、こういう初歩的な事をアドバイスするブレーンがいないのでしょうか?
僕から見たら、素人しかいない気がします。

安倍政権がウンヌンという問題ではなく、日本の未来を考えたら、みんなでそのアベノミクスの弱点をカバーしていくしか方法はありません。

が、弱点がデカ過ぎて、カバーしきれません。

デフレ化を食い止めていた株価も低迷しており、危機は続いております。

どうするんでしょうか?

このままでは、日本経済はかなり厳しい状態です。

というか、20年もデフレが続く国なんて、他にはありません。
みな、デフレは数年で脱却してるのに、日本は何をやってるんでしょうか?

我々の生活に関わる重要案件ですからね。
ここまで、政治の頭が悪いと(というか意図的にそうしてる節もありますが)、僕らの生活は困窮するばかりです。
消費税も3%上がったはずなのに、その7兆以上の財源が機能していません。
(5%→8%)

あの3歳児の事件も、このままいくと「明日は我が身」となってしまうかも知れませんね。



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
仲間たちの面白ブログが満載です↑↑↑

        スポンサーリンク