スポンサーリンク
かつて、僕は通販会社の企画制作部にいた。
社員150人は下らない中堅会社だった。

僕は、この通販会社が主催する「作詞サークル」で賞を取りまくっていたのがきっかけとなり、当時のO本部長から電話がかかってきた。

「うちで広告作りませんか?」

そのおかげで、この通販会社に中途採用となったのだが、周りはH大やK大の文学部卒みたいのがゴロゴロしていた。
僕一人が高卒。

隣のデスクの事務の子まで4大卒なのだ。

まあ、えらいところに入ったものだ。
入社時点では21歳、間もなく22歳になる頃だった。

僕の次に若い人が24歳くらいだったので、圧倒的に僕が年下だった。

何人かの同時期に入った仲間達もいたが、歳も違うし、学歴の差も歴然。
その中でもまれる事になった。
この通販会社には3年近くいたのだが、一応辞める頃には一次媒体(雑誌、新聞)の広告作りの中心にいた。

まあ、高卒でも、専門学校で学んでいたのもあるし、マーケティングの鬼才といわれたM先生の教え子でもあった事から、何とかそういうレベルのところでも通用したのだ。

M先生は、この会社でも一目置かれる存在だったので、僕も若干の恩恵は受けていたのだと思う。

DSCN0649


それはさておき、あれから25年以上の年月が過ぎた。

当時の同期達の動向が気になるものだ。
専門学校の同級生たちも含めて色々聞いてみた。

通販会社の先輩K(H大卒)=現、大手出版社勤務、某有名週刊誌編集長。

専門学校同級生H=上場一流企業、広告制作室室長。

通販会社の同期M(K大卒)=大手出版社勤務、某有名雑誌副編集長。

専門学校同期M=独立、広告制作会社経営。(社員11人)

とりあえず、分かっている人で出世街道にのっている人はこの4人だ。
あとは、ミニコミ紙の出版をしているものもいるらしい。(未確認)

すっかり皆、出世してしまっている。

僕が体を壊して四国に帰っているうちに、えらく差がついてしまったな。

20数年前、僕がブラック企業にいた頃は、僕のほうが羽振りが良かったのにな。
よく、おごってやったし。

まあ、人間20年もあれば、大きく変わるものだ。

4人の内3人は年上だが、皆には頑張って欲しいが、複雑でもある。



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
仲間たちの面白ブログが満載です↑↑↑

        スポンサーリンク