スポンサーリンク
僕の親友に、
「男が台所に立てるか!」
とか言ってるのがいます。

ハイ?

いや、世の一流料理人の大半は男性ですけど?

この親友は、奥さんが軽い病気で入院となって初めて炊飯器でご飯を炊いたそうです。
というか、この親友のケースは特例ですよね。
もう10年くらい前ですが、僕の所に、
「メシの炊き方を教えてくれ!」
と、電話がありました。

こりゃ、アカン!
「いや、お前、子供3人おるやん!ちゃんと出来るんか?」
僕も心配になって、家が近いのもあって、僕は親友の家に行きました。

奥さんの入院は2週間。

その間、どうするねん。

ラッキーなのはここらは学校給食がちゃんとしてるんで、子供に弁当を持たせる心配がいらない事だけど・・・。

とは言っても、育ち盛りの男の子1人と、女の子2人を抱える父親です。
まさか2週間もの間、宅配やコンビニ弁当って訳にもイカンでしょう。

案の定です。
米の炊き方からレクチャーしないといけない状態!

いや、
おいおい!

米の研ぎ方からかい!
思わず口に出ちゃいました(*'▽')

まあ、ご飯くらいは炊けるわな。
水の量さえ間違わなければ、誰でも出来る。

問題はおかずだな。

しかし、行ってみたら、奥さんが入院前に大量のカレーを作って冷凍してるではありませんか。

とりあえず、2日分はある。
やさしい奥さんですな。

まあ、子供がいるんだから当たり前か。

上の子は当時、小学3年生くらいやったので、レンジでチンするように言われてたみたいでした。
おお!
父親が料理に疎い事は、奥さんは百も承知か。

とりあえず、ご飯さえ炊ければ心配はいらんね。

はは~ん!
さては、メシくらい炊けるわ!
と親友が奥さんに安請け合いしたな!
あはは(^◇^)
バレバレやね。

で、いざやろうとしたら、よくわからなくて僕のトコに電話したみたいです。

朝は食パンにしろ!とアドバイスし、買ってこさせてこの日は終了。

とりあえず困り始めるであろう3日目にもう一度行ってみました。

小学3年の上の子がよくしつけられていて、洗い物とかもある程度やってましたね。
エライ!

DSCN0700


よし、じゃあ、こっからが僕の出番やな。

親友である父親に、まずは肉野菜炒めを伝授!

こういう時に僕の得意の煮物とかを教えても無理やからね。
出来るだけコンパクトにしましょう。

買ってこさせたのは、豚バラ肉と玉ねぎ。
そして、生姜焼きのタレ。

切って炒めるだけです。

全て指示。
この親友にやらせてみました。

おぼつかない手つきでも、玉ねぎなら簡単に切れるわな。

しっかり玉ねぎを炒めて肉を投入!
タレを入れてしばらく炒めれば、ハイ!完成!

おお!
子供たちも高評価!
バクバク食ってくれました(*'▽')

翌日は、このアレンジで出来る料理にしようと、牛丼に挑戦!

どうせなら、牛とじ丼にしよう!
昨日の残りの玉ねぎを使用。
同じように切らせ、同じようにフライパンに入れるのだが、今日は先にタレがいる。
これも、台所にあった「すき焼きのたれ」を使用。

よ~し、後は牛肉を入れ、一煮たちしたら、溶き卵を流してハイ!完成!

どんぶりにご飯を盛り、その上からたまじゃくしでしゃくった牛とじ丼の具をかければ出来上がりです。

おお!
子供たちも高評価です。
親友も父親の面目が立ちましたね。

この2日で親友も、
「料理、簡単やな!」
と自信を付けたみたいです。

まあ、コンパクトにしてるからね。
タレを市販のものにすれば簡単やな。

3日目は、よ~し、オムライスに挑戦しますかね。

まあ、料理初心者の親友ですから、きれいに薄焼き卵を巻き付けるのは無理だろうな。

そこで、ケチャップライスにフワフワ卵を乗せるタイプのオムライスを伝授!

玉ねぎはまだ残りがあるので、鶏肉、グリーンピースを買ってこさせて挑戦です。

鶏肉、玉ねぎを炒め、ボールに用意したごはんにケチャップをかけてよくごはんになじませる。
そのごはんを投入!
しばらく炒めて出来合いのグリーンピースを入れればケチャップライスは完成!

卵6個を溶いて、別のフライパンに投入!
菜箸でソッコーぐちゃぐちゃに混ぜて空気を入れる。
半熟状態で、卵焼きを半分折りにして出来上がり。
それを4等分して、ケチャップライスに乗せれば、ハイ!フワフワ卵のオムライス完成!

さすがにこの日は、子供たちの栄養面も考え、生野菜のサラダと市販のドレッシングをスーパーの惣菜コーナーで買わせておきました。

おお!
子供たちも大喜び!
父親は株を大きく上げましたね!

こうして、親友は料理に目覚めました。

今では、僕と同等レベルで何でも作れるらしいですよ。
言っておきますが、10年前はご飯の炊き方、米の研ぎ方すら知らなかった男ですよ。

それでも子供のためとあらば、このくらいは楽勝です。
まあ、当然ですね。

料理は男が職業にするものですからね。

僕も自分に子供がいないですから、中々楽しめました(*'▽')



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援ポチをよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
仲間たちの面白ブログが満載です↑↑↑

        スポンサーリンク