スポンサーリンク
今日から僕の通う透析病院では、止血の際のやり方が変わりました。

まあ、僕に言わせれば新しいほうの止血の仕方が一般的で、これまでが邪道(すいません)というか古いやり方だったと思うんですよね。

しかし、古いやり方に1度慣れてしまうと、患者さんは楽。

なんせ、針を抜いたら、即テープでグルグル巻きにしてくれるんで、血が止まるまで押さえておく必要がないんです。
血が止まるまで押さえておくという事に慣れてない患者さんからの苦情の嵐!

あはは(^◇^)
新しいほうが一般的なんですけど・・・('Д')

ハリケーン君が汗かきながら説明する中、ブーブーおじさんたちが多発。

ちょっと気の毒でしたね。
前のやり方はシャントに優しくないんですよね。

ちゃんと止血してから、ポッチのついた丸いテープを貼る。
不安な人はその上からバンドを巻いてもらえば良いんでね。

これなら、シャントの負担も小さい訳です。

前のは止血せずにグルグル巻きですから。
結構強く巻かないと、血があふれ出したりするんでね。

シャントには優しくないです。

という事で、ひと悶着ありましたな。

MEさん、看護師さん、ご苦労様です。

あはは(^◇^)
まあ、やり方が変わる時っていうのは、年配患者さんたちは大体こうなりますよね。

あはは(^◇^)
時代は変わるんだっつーの(*'▽')

せっかくのイケメン軍団、美女軍団なのに。
辞めたら責任取らせちゃうよ(*'▽')

まあ、やり方が不便な方に変わったように感じるんだろうね。

心配なのは、一端止血したから、もう出血はしない!
と軽く考える人が続発しないのか?
って事かな。

結構、帰りに出血してたなんて事があるからね。

大半は、ここの施設しか経験がない患者さんだから。
前のやり方がスタンダードだと勘違いしてる人もいる中、方式を改める病院側も勇気がいります。

DSCN0336


僕は3施設目だからね。
少々方式が変わったくらいはどうって事ないです。

前の病院でやってたし。

まあ、そんな感じで帰りの送迎車に乗るんですけど、またまた、例の健忘症のおっちゃんが来ない。

どうしたんだ?

遠方チームなので、全員揃うまで帰れないからね。

そんな時、看護婦さんが送迎車に向かって走ってきた。

「〇さんが靴が無いっていってるんやけど?」

あはは(^◇^)
またそれか!

(実は前にもあった)

ロッカーに入ってると思うよ~。

健忘症のおっちゃん、さすがは健忘症!

来た時、靴脱いでロッカーに入れた事が抜けてしまうらしい。

なんせ、1人で透析室に行ったり、透析室から送迎車に向かったりなどエレベーターが必要な事が出来ないんだよね。
そんな大して大きい病院でもないのに、そんなにややこしくもないのに、(エレベーターで降りたすぐそこにどちらもあります)1人では迷うらしいな。

で、このおっちゃん1人を全員で30分待つ。

ようやく看護婦さんに連れられて到着。

「やっと帰れる~!」
と、うな重3つのおっちゃん。

あはは(^◇^)
なんでこの遠方チームはこんなにも個性的なんだ?

気苦労が絶えませぬな(>_<)



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援投票をよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
面白ブログ満載のランキングサイトへつながりますがそれで1票が入ります(*'▽')

        スポンサーリンク