スポンサーリンク
年明けより、血液透析導入が決まっています。
内シャントの手術も受けました。
透析後、どのような苦しみがありますか?
トシヒーローさんのブログを読み、闘う気は満々になりましたが、正直怖いです。
気をつける事も教えて頂けたらと思います。
よろしくお願いします。                                    神奈川県 64歳



来年から透析導入ですか・・・、大変ですし、不安だらけだとは思いますが、お互い頑張りましょう。

さて、透析導入後、最初の難関は「穿刺(せんし)」ですね。
とにかく痛いです。最初は。
2年もすれば痛みに慣れたり、腕の神経がタフになるので、少しはマシになりますが。
僕の場合は、最初の半年間くらいは、穿刺が憂鬱でした。
これは、慣れるしかないです。
何種類かある痛み止めのテープ(僕の場合はペンレス)を貼れば、痛みをあまり感じない時、刺したかどうかも分からないくらい痛みを感じない時もありますが、各病院ごとに使ってる針が違う事も多いので、針次第でもあります。

次は食生活です。食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして除水量が増えると、透析がしんどいです。
体型にもよりますが、増え幅が3000g未満で安定できると、まずは大丈夫です。
時には、一度に4000g以上の除水をしている人も見かけますが、僕の経験上、4時間でそんなに除水すると、体がついていけない事もあります。
予後にも影響しますよ。
最初は色々試行錯誤しながら、徐々に1500~2500gの増え幅で生活できるようになると、体調が悪くなる頻度が下がります。
ただ、透析を続けていくと、ドンドン尿量が減っていきます。
そうなると、増え幅の調節が1段階難しくなりますね。
僕も最初の頃に比べたら、食べる量を減らして対応しています。

便秘に苦しんでいる人も多いです。
水分制限をしますので、仕方ありません。
主治医に相談して、便秘薬を服用するなどして対応して下さい。
また、透析を続けていくと、しんどいので運動しなくなり、腹筋が弱ると便秘しやすいです。
適度な運動をして(ウォーキングが最適)筋肉量の低下を防ぎましょう。

足のつり、血圧低下。
これは、理由は様々ありますが、大まかには同じ原因で起きています。
体重50キロの人がカロリーを取り過ぎて、仮に2キロ太ったとします。
この時ドライウェイトが50キロのままだと、本来は52キロのはずなのに、毎回50キロまで除水する事になります。
つまり、余分な水だけではなく、体に必要な水分を2キロも余計に除水する事になります。
これだと、当然の如く、体は脱水状態です。
めまい、吐き気、血圧低下、足のつり・・・などの症状が出るのは当たり前です。
この場合は、カロリー摂取を下げ、痩せる努力をするのと同時に、主治医に相談し、ドライウェイトをあげてもらう必要があります。
ただ、ドライウェイトを下げる場合は、割と簡単に変更してくれますが、上げる場合は中々やってくれません。
クセになると困りますから・・・
あまり太る方向に行くと、予後が良くないです。
あくまで臨時措置ですので、普段から太らないように自己管理が必要です。

後は不眠です。
透析は自分で思っている何倍もストレスを受けています。
ゆえに不眠で苦しんでいる人は多く、それがかえってストレスとなり、更なる不眠につながる場合もあります。
負のスパイラルです。
眠剤を処方してもらう手もありますが、眠剤は最後の手段としてとっておき、とりあえずはストレス軽減に努力し、対応したほうが賢明です。
眠剤は長期間飲み続けるには不向きで、徐々に効果も下がります。
眠剤を使わず快眠できるように、寝具を工夫するとか、やれる事は多いです。

最後は精神面です。
透析で起こる様々な諸症状に精神がついていけない・・・人もいます。
本格的なうつ病になると、透析どころか、何もやる気がなくなり、動くのも出来ない・・・そこまでになります。
うつ病で透析に通えなくなり、お亡くなりになったという方もいると聞きます。
とにかく気楽にいきましょう。
アレコレ考えてもしんどいだけです。
これまでも述べてきたように、日々の楽しみを見つけるところから始めましょう。

参考になる前に、不安を助長してしまったかも知れません。
しかし、透析とは慣れです。
そして、立ち向かっていく強い心が要求されます。

どのみち、人生は闘いの連続です。
これまでの人生で学んだ全てをぶつけていけば余裕です。



↓1日1クリックして投票して頂けたら嬉しいですm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

↓こちらも1日1クリックして投票して頂けたら嬉しいです

人気ブログランキングへ



トシヒーロー新ブログ
人工透析患者必要グッズ」もよろしくお願いします。
透析患者に欠かせないグッズを紹介しています。


        スポンサーリンク