スポンサーリンク
透析をしていると、何でこうも気が短くなるんだろうか?

まあこれは、以前から何度か言ってるように、「予期不安」から起こります。
「予期不安」とは、未来が不安になる事です。

高度成長期には少々の事があっても、「まあまあまあ・・・」で済んだ事が、経済が冷えてくると、些細な事にも目くじらを立てる・・・のような事です。

覚えているでしょうか?
ボクシングの亀田家の次男と内藤大助さんの世界タイトル戦で、試合中に亀田家側に不適切な発言があったとして問題になりました。
まあ、ここまでは話は分かりますが、問題なのはこの後。
メディアの前で亀田父が謝罪しました。
「どうもすいませんでした。」

なのに、更に一斉の非難が起きます。
「謝り方が気に入らない!」

はぁ?
「謝り方が気に入らない!」なんて言葉は、暴力団が人に因縁をつける時にいう言葉です。
堅気の者が言うべき言葉ではありません。
「あい、ついまて~ん!」とか「あいむ、そ~り~」とかふざけて謝ったのならともかく、亀田父は普通に謝っただけです。
まあ確かに、完璧な謝罪をした・・・という訳ではないので、一部に非難が集まるのは仕方無いにしても、「謝り方が気に入らない」は言い過ぎです。

この後、長男の謝罪で事なきを得ましたが、僕は疑問に思います。
企業が大変な不祥事を起こし、人が死ぬような事があっても、企業側の上層部が深々と頭を下げたら、それで済んでるではないですか?
あれこそ、「謝り方が気に入らない!」では無いでしょうか?

まあ、話がそれてしまいましたが、「予期不安」がこういう細かいところまで文句をつけたくなる、いい例です。
経済が不安定で先行きの不安な世の中だとこうなります。

みんながぼろ儲けしてる世の中だと、怒ったりする事は大きな損失を生むので避ける・・・
不況の時は、言うべき事を言わないと損するので、細かくネチネチ言う・・・
まさにこんな感じでしょうか。

「火病」とも言います。
国家が破たんし、国民に大きな負担がかかるようになった国の人が、ちょっとした事で激怒する・・・という病気です。怒りっぽい国は、その国の経済を見たら分かります。

これが、透析患者にも起きています。
そりゃあ、不安ですよ。
僕だって、夜寝る時、「明日の朝、目覚めなかったらどうしよう・・・」
そんなふうに思う時もあります。
しかも、透析患者は本当に「目覚めない朝」が起きてしまうかも知れません。

長く透析を続けていくと、周りの患者さん達がバッタバッタと死んでいきます。
それらを見て、不安にならない方がどうかしてます。
不安は当然です。

食事にしても、「明日は透析だから・・・」と食べたい物を我慢。
食べてしまったら自己嫌悪。

こんな「予期不安」を何とかするには、笑い飛ばすしかありません。
アハハハ! と、アニマル浜口さん並みに笑ってみましょう。

前にも書きました。
こんな時こそ「明石家さんま」さんです。
好きな芸人さんならどなたでも構いませんけど。
「これがうまい~?そんな訳あるかい!こんなもん・・・ あっ!ホンマや!」
と、ノリ突っ込みでもして、笑いましょう。

とにかく、イライラの原理が分かれば対処は簡単!
予期不安に対抗するしかありません。

いつまでもイライラしたりクヨクヨしてると、悪いものが寄ってきますよ。

こんなにも苦しい病気になっても、明るく元気にしていれば、悪いものは去っていきます。

皆さんも周りの透析患者さんをよく見て下さい。
イライラ、クヨクヨの人はどんどんボロボロになっていってませんか?
明るく元気な人は幸運に恵まれているように見えませんか?

年末年始は特番でお笑い番組も多いです。
笑って年末年始を過ごしましょう!

        スポンサーリンク