スポンサーリンク
最近ね、何人かのブロガーさんとソーシャル上で出会いましたが、
「ああ、逆襲さん!」という風に言われるんですよね。

確かに僕も「〇〇COMさん」とかってブログタイトルで呼ばせていただく事もありますんでね。

おお!
ブロガーさん仲間が広がっていく過程で、ちょっとは知名度が出てきたかな?

まあ、記事書きの仕事とかしてるのも関係してるのかも知れませんね。
そう言えば〇〇の逆襲!っていうブログタイトルは他にもあるとは思うんですが、少なくとも僕が「逆襲さん」のイメージを勝ち取りたいですな。

ブロガーの道は遠いですけどね(-_-;)
(現在はまだまだ自称という段階でしょうな)
昨年、11月に前の透析施設へ腎移植申請の更新について聞きたい事があって電話したんですけどね。

まあ、前章で書いたようにキュイ~ンの看護婦さん問題がある訳でして。

その時に何か言っておられましたな。

「それぞれの道へ~」

「時間が解決」

ん~(-_-;)

時間がたつほど、僕の精神に異常をきたしているんですが・・・?
道と言われましても、そのせいで仕事にも影響しているんですが・・・?

結局、あんたらがいい加減な事をし、いい加減な対応をしたからだろ?
自分らは何ら責任取ってないやん。

という話ですな。
(まあ、いよいよ精神が立ち行かなくなってしまったら、それなりの対応はさせていただきますが)

これはまあ、僕に限らず医療の現場ではよく聞く話です。
結局、医療とは関係ない所で問題を自分たちから起こしても、うやむやにするのがうまい病院がありますからな。

こういうのには気を付けなくてはなりません。
なんせね、透析者は透析を続けなくてはならず、とても立場が弱いですな。

言いたい事も言わせてもらえないまま、意のままにされる部分も多々あります。

医療関係者に強く出られてしまうと、これはもうどうしようもない。

僕もね、この医療関係者には、
「じゃあ、透析やめますか!」とスゴまれましたね。

最後はこう言えばいいという、そういう強みが医療関係者には存在します。
心あるスタッフさんにしたって、こういう理不尽を受け、看護師を続けられないように強要される事もあるんでしょうな。

あれですな。
踊る大捜査線・・・。
正しい事が出来なくて苦闘する青島や室井の話。

医療者さんなら、誰だって正しい事をしたいと思うはずなんですけどね。
そうしようにも、上がヘボ過ぎて、正しい事が何もできないような病院もあります。

近年は看護師ワールドにも男性看護師などが入って来た経緯もあるのか、ナース同士のイジメの問題なんかが昔に比べたら減ってきてるみたいですけどね。
それでもまだまだあるんですよね。

しかも、そういうのがナース同士だけでやってるのならまだしも、患者が巻き込まれるような事まであります。

ミスを誘発するような細工をしてたりしてね。

おい!
ソレ、患者が死んだらどうするんだ?

DSCN1686


大丈夫!
大丈夫!
命に関わるような細工じゃないですからっ!

おい!
そういう問題じゃないだろ!

というヤツですな(-_-;)

もうね、ここまでナース同士のイジメが進行してる場合もありますのでね。
しかも、そのイジメは師長や主任がやってた!
なんて低レベルな病院までありますからね。

例えば透析施設などでも、モンスター患者の扱いに疲れて辞めていくのであればまだしも、上司のイジメや同僚のイジメで辞めていく人もいますよね。

透析患者っていうのは何年も病院に通い続けますのでね。
仲の悪い看護師さんとかがスグ分かっちゃうんですな。

ん~(-_-;)
お前らはSMAPかっΣ(・□・;)

その病院の腕がいいとか悪いとかっていう話の前に、スタッフ同士の仲の悪そうな病院はイヤですな。

透析室の場合は、看護師さんと臨床工学技士さんがいます。
看護師さんが看護のプロでも、透析機器や患者さんの透析効率の問題に関しては技士さんのほうが遥かに詳しい訳ですな。

見てると分かるんですが、通常は看護師さんのほうが技士さんより立場が上の場合が多いと思います。
給料とかも看護師さんのほうが多かったりとかもあったりします。
そういう所でも、技士さんに機械の操作とかを看護師さんは教わらなきゃならないんですな。

そこで軋轢が生まれてる場合がありますな。

技士さんも看護師さんとは違いますんで、寝たきり患者さんの下の世話とかは一切関わらない!(普通は)という感じだと思うんで、看護師さんウケが悪くて、そういうのが原因で仲が悪くなったりとかがあるみたいです。

昨日はうちの病院では回収の際はV子ちゃんとオアシスちゃんのコンビでやってましたな。
うちの病院では、15床程度を2人で見るんですな。
技士さんと看護師さんがセットになってます。

V子ちゃんが技士さんでオアシスちゃんが看護師さんですな。

若手の美人コンビなので、じいちゃん連合の機嫌がすこぶる良かったです。
あはは(^◇^)
これが男性看護師と男性技士さんのコンビだった時などは、じいちゃん連合の機嫌が悪い!悪い!

なんや~(*'▽')
結局、女の子に面倒見て欲しいだけやん!
あはは(^◇^)

と、僕にツッコミを受けてるじいちゃん連合ですな。
みっともないから、その態度はヤメレ(-_-;)

そう言えば、前の病院の時は、看護婦さんたちが、誰がセンターなのかを争っていましたな。

人当たりのすごく良い看護婦さんがいて、センターを勝ち取っていました。

若手の美人看護婦さんが、なんで私じゃないのか?
という感じでしたけどね(*'▽')

そりゃ、あんた若いからね~。
人当たりの良い看護婦さんは、じいちゃん連合に人気でしたから。
しょうがない。
年齢の問題でしょ。

というか、じいちゃん連合も何目的なんだろか?
という問題ですが(-_-;)

まあ、そうやって仲が良いのはいいですけどね。
なんとなく分裂の危機がアチコチに転がってるような気もしますな。

僕も20代はバリバリに働いていましたんでね。
職を転々としたおかげで色んな企業を見てきましたが、この女性の派閥問題っていうのが結構な大問題でして。

若い頃の僕は、よくそういう女性の派閥問題に巻き込まれていましたな。

そう言えば、新人技士さんが中堅ナースさんにアゴでこき使われてる現場も目撃しました~。
新人技士さんが陰でブーブー言ってましたよ。

どうしてもね、若手のいじりやすそうな男性技士さんを中堅のナースさんたちがイジリ倒すというのがよくあります。
あはは(^◇^)
社会はどこも同じですな~。

僕も20歳の頃は、よくもてあそばれていましたな。

あはは(^◇^)
ずっと前は、新人技士さんが超ベテランの看護婦さんにメッチャいじられてましたな。

モノを隠されたりとかね。

ん~(-_-;)
患者の目の前でやるなって!
とか思って見てたんですけどね。

ある患者さんなんかは、滅茶苦茶怒っていましたな。
「穿刺に集中しろ!」

あはは(^◇^)
技士さんにしたら、穿刺してる間にモノを隠されたりするんでキョロキョロしてるんですな~(-_-;)

お気の毒に・・・(-_-;)
というか、なんちゅう病院や(-_-;)



↓↓↓お手数ですがお帰り前に応援投票をよろしくお願い申し上げますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
面白ブログ満載のランキングサイトへつながりますがそれで1票が入ります(*'▽')

        スポンサーリンク