透析患者&透析スタッフ応援ブログ

透析患者の逆襲!~人工透析との壮絶バトルブログ~

慢性腎炎からの人工透析により無職へと転落!病気ビンボー、無為地獄、腎臓がん、心筋症、世の底辺から立ち上がるイチ透析患者トシヒーローの透析エッセイです。

当ブログは以下のランキングに参加しております。
1日1クリックの応援投票をよろしくお願い申し上げます。


透析って精神面が大変だ!

人は生まれながらに色んな宿命や使命を背負っている!

先日の四国ブロック青年部交流集会に行く際に、県腎協の会長の車に乗せてもらいました(-_-;)

まあ、本来なら逆で僕が連れて行かなければならない立場ではありますが、ペーパードライバーなものですので(-_-;)

その中で、色んな話を会長としました。
高松から高知は2時間近くかかりますからね。
続きを読む

神に愛される人

ん~(-_-;)

自分自身の思いを正確に書くというのはとても難しいですな。

というのも思いとは複雑怪奇であり、はっきりと分かる形になっていませんからね。

そもそもが、「思い」には「負」の部分も当然ありますよね。
その部分は人は隠したがるところもあります。
隠そうとすれば、「思い」を正確に書いた事にはなりませんから。

戒めようとする自分と、悪魔のささやきに似た甘えの部分の自分と、両方持ち合わせています。

続きを読む

精神的に追い詰められやすいですけども(-_-;)

まあ、透析の事を話したりしたりしてますとね。
僕の場合はどちらかと言えば技術論よりも精神論が中心になるんですけども。

いや、今は大丈夫でも、透析ってそんなに甘くないんですよね。
確かに、腎不全末期は酷い尿毒症で貧血やむくみ、呼吸困難など色々あったのに、透析をするようになったらその症状は一端和らいだり、なくなったりしますのでね。

体が楽になって心も救われる。
そうすると、「透析って凄い!」ってなって、人工透析の本当の負の部分を見なくなる病にかかっちゃう場合もあるのですな。


続きを読む

人工透析ってなんでこんなに悲しき世界なんだろう!

はぁ(-_-;)

人工透析になっちゃいましたか。

悲しいですな(*´Д`)

何で世の中は、人工透析に対してそんなに冷たい目を向けるんでしょうな。

透析患者の苦悩など、決して分かってもらえないのでしょうか。

そこにある数々の苦悩(-_-;)


続きを読む

ミルトン・エリクソンは難しいけど人工透析にはうってつけだった!

あはは(^◇^)
最近Oさんの心理学にハマっているトシヒーローです('◇')ゞ

僕が唯川恵さんの小説が好きなのの一つには女性心理を学びたかったですからね。
作詞家を目指していた(別に今でも諦めてはいませんし)過去があって、女性主人公の詞を書く機会があったんでね。

例えば、「聖母たちのララバイ」と「WOMAN」の違いなのですな。

岩崎宏美さんの「聖母たちのララバイ」は男性作詞家である山川啓介先生の作詞。
アンルイスさんの「WOMAN」は女性作詞家の石川あゆ子先生の作詞なのです。

いかにも「聖母たちのララバイ」は男性が書いたっぽい女性の歌詞ですし、「WOMAN」は女性ならではの感覚で書かれてるのが分かりますな。
続きを読む

リセット願望

一時、炎上ブロガーとしてはてなブログで名を馳せてた「だいちゃん」に最近お世話になっているトシヒーローです('◇')ゞ

そもそも、僕がブログを始めた2015年の年末頃から、僕もアチコチのブログを見るようになりました。

それまではパソコンはおろか、ケータイすら持ってなかったのでね。
パソコン購入と同時にインターネット世界にハマりました。


続きを読む

人工透析への逆襲はこういう思考から始まる!

障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン「Love Handi」に新たな記事が掲載されました。
ある日突然「障害者」になるという事 劣等感から始まる心の旅

あはは(^◇^)
今回のは力作なんですよね。
ぜひ読んで頂きたいです。

僕もね、今では自分自身が障害者であるという感覚が希薄になっています。
自分の中で革命が起きましたからね。

ただ、
「トシさんは前向き過ぎてついていけねぇ~よ!」という事を言ってた人がいましたのでね。

続きを読む

心の目で見てみる!

顔をいつも太陽の方に向けて下さい。
影なんて見ている事はないわ。


ヘレン・ケラー

もしも幸福な人生を送りたいと思うなら
ほんの一瞬でも胸に手を当てて、
足下に生える雑草や
朝日にきらめく花の露を見て下さい。
心の底からしみじみと感じられる喜びが
無数にある事が分かるでしょう。

ヘレン・ケラー
続きを読む

それは口にした時点でアウトでしょうな(^◇^)

治りもしない人工透析のために日々黙々と摂生を続けるトシヒーローです('◇')ゞ

あはは(^◇^)
これが問題なのですよ。

他の病気で入院とかであれば、少々厄介な患者さんがいたとしてもやがては退院してくれますから。
看護師さんもそう思えば何とか頑張れる。

しかしですな、人工透析ですと5年も10年も20年も30年も生きられますからね。
長い付き合いですな(-_-;)


続きを読む

透析道は奥深いっす!

あはは(^◇^)

僕もねまもなく11年という透析期間がある上に入院も含めれば4病院で透析してきた事もあって、結構な人数のスタッフさんや医師と出会いました。

このブログのおかげで、全く接点が無い看護師さんや技士さんも数々知っております。

あはは(^◇^)
時々ね、僕ら透析者を腫れ物に触るように扱う人もいますなぁ(*'▽'
)
続きを読む

「命運」を受け止めて飛躍!

僕は20代の頃、宗教の勉強をしました。
と言っても僕が仏様のような性格という訳ではありませんけどね(-_-;)

ちょうどね、最初の就職で高円寺の通販会社にいた時に、高円寺ですからな。
駅前で、
「ショコ、ショコ、ショーコー!」ていうのがね~、分かりますか~?

オ〇ムですな~。
続きを読む

僕は「ちゃらんぽらんチーム」の一員でしたな! 

そうですな。
そりゃ、どうしたって、透析なるものを長年受け続けていれば、軽度のうつくらいにはなるかも知れませんな。

ん~(-_-;)

まあ、感じ方も人それぞれですのでね。
僕は軽度のうつで済んでますが、精神的にボロボロになる人も何人か見てきました。

続きを読む

透析ウツについて

さて、透析10年ともなれば、僕以外の透析者の方などは、結構重篤な状態に追い込まれている人もいるのですな。
しかし、そういう中で皆さん、頑張っておられる。

本当にね。
凄いなって思います。

そして、僕などはまだまだ恵まれており、へこたれる訳にはいかないのですな。

続きを読む

暴言を他人に向けられる人間とそうでない人間!

3年くらい前の実話なんですけどね。

透析ではなく、通常の病院病棟で、入院患者のお年寄り患者さんが、看護婦さんに
「早く〇ねよ!〇じい!」と言われて大問題になり全国ニュースになった事があります。

結局、その看護婦さんは3日間の停職処分になった訳なんですけどね。

ここだけ話すと、看護婦さんが100%悪いみたいになってしまうので、とりあえずの言い訳だけはしておきますが、
この病棟は寝たきりのお年寄り患者さんばっかりなんですよね。


続きを読む

思い通りになんねえ!

さて、今日も透析前に、皆さんの透析ブログを拝見させてもらいました。

おおお!
皆さん、悩み事が多いですなぁ。

そうなりますよね。
人工透析は。

思うようにいかない事が多過ぎる。
続きを読む

不平等な世の中で何を信じれば良いのだろう!

悪事を成したら、必ず自分や自分の子に跳ね返ってくる!という記事で、よくコメントをくれる「そ~めんさん」が「因果応報」みたいなもんですか?
みたいな事をコメントしてくれたんですけど、その通りです。

最近もありましたが、イジメなどでよく自殺される中学生の話題がありますが、あなたをいじめた人は必ず因縁が巡り巡って返ってきますので、将来、きっと何か大きな苦労をしますから。
それまで生きてその様を見届けないともったいないですよ。
続きを読む

悪事は自分や自分の子に返ってくる!

時々、こういう言葉を聞いた事はありませんか?

「え~っ、あの人があんな事件を起こすなんて!」

得てして世の中とはそういうものです。
大事件を起こすような人は、普段、人に怪しまれないように生きてますからね。
つまり、本当の悪人は、悪人に見られないように生きているという事です。
続きを読む

透析って精神面が大変だ!6

某有名スレッドでは、もう泣きたくなるほどの透析コメントがあります。
そこには、いかにも透析患者が精神がボロボロになるかのように書かれていますので、何も知らない人が見たら、透析って地獄なんだろうなあ・・・と思ってしまうでしょうね。

まあ、そうには違いないけど、よくよく見るとネガティブなコメントは数名です。
で、その数名はやっぱり透析施設に恵まれてない事が容易に見てとれます。

我々透析患者にとって、透析施設は一生通い続ける大切なものです。
それが信用出来ない事は、もう悲劇というしかありません。

そりゃあ、ちょっと食べすぎたからと言って、一般人に比べたら少ない量しか食べてないのに、大の大人が公衆の面前で「注意」されていたら、頭がおかしくなる人も出ますよ。

それでなくても、「人工透析」という事実を、初段階で受け入れる事がまずもって難しい。
仮に早めに受け入れられたとしても、将来の生活の不安や、この生活をずっと続けていくという部分で、精神の落ち込み度合は大きいと思います。

透析をしている皆さんは、「人が生きるという事」に関して随分と考えさせられたのでは無いですか?

「人間の生死とは?」とか「こんな思いまでして生きなきゃならないのか?」とかetc・・・。

そういった思いもむなしく、次々に合併症やら何やらが襲い掛かってくる。
これは正に、古代の苦行のようなものですね。

そんな中、心の余裕を失くしてしまいがちですが、そういう時は心の余裕を取り戻さねばなりません。

僕はかつて仕事が忙しすぎてすっかり心の余裕がなくなっていた事があります。
そういう時によくやったのが、道端に咲く花や景色などを見て「美しさ」や「可愛さ」を感じる・・・という事です。
そういう意味では、僕は田舎の子なので、有利なんですけどね。
周りの景色を見る心の余裕というのは大事です。
心の余裕が無い時は、何にも見えなくなってしまいます。
ある一つの事だけで頭が一杯になり、落ち込んだり、イライラしたりします。

で、そういう時に限って、また新たな大問題や、面倒な事が襲い掛かってきてしまいます。

ふうぅ・・・。
もうめちゃくちゃに大変ですね。

多くの透析をテーマにした文献では、透析は余程の強靭な心の持ち主か、悟りを開いているような人でないと、耐え抜くのが難しいなどと書かれています。

ん?

というか、僕耐えてますけど?
そんなに強い心でもないし、悟りを開くなんてとてもとても・・・。
怠け者だし、3日坊主だし、不言実行も、有言実行も出来たためしがありません。
でも、耐えてますけど?

人間には自浄作用とかそんなものが備わっています。
辛い経験は、忘れるように出来ているし、深く考えないようにも出来ています。

ところが、それらを発動させず、自分で勝手に忘れず、深く考え過ぎていて、うつなどを起こしているだけなんです。
カレーに含まれるスパイスの成分の中には、悪い記憶を消す効果があると「ほんまでっかTV」で脳科学者が言っておりました。

おおお!
カレーライス食べよっ!

そう言えば、僕はいつの間にか、「何も考えない」、「無心になる」という能力が備わってしまいました。
「としPは、透析中に何でそんなに爆睡出来るの?」とよく羨ましがられますが、「無心」になれるからなんですよね。
僕でも考える事が多くなかなか無心になれない時は「寝不足」になりますよ。

あっ!
これか~。
でも、これって、出来る人には特殊能力でも何でもない事なんですけどね。

もうすぐ春ですねぇ。
泣いてばかりいたって幸せは来ないから
重いコート脱いで出かけませんかぁ!

(キャンディーズ・春一番から引用)

↓↓↓1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
↓↓↓こちらも1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです

人工透析 ブログランキングへ

心の魔法

あなたは深いところでとてもよく知っています。
たった一つの魔法 たった一つの力
たった一つの救いがあることを。
それは 「愛すること」 だということを。

あなたの苦しみを愛しなさい。
それに抵抗しないこと、それから逃げないこと、
苦しいのは、あなたが逃げているからです。
それ以外では無いのです。
(ヘルマン・ヘッセ)

ヘッセは20世紀前半のドイツを代表する作家さんです。
詩や絵も残している人です。

そして、このヘッセの残した言葉は、僕にとっては耳に痛い言葉です。
分かっていても、出来ない・・・・・・・、
と悩む事は多いです。
皆さんもそうではないですか?

例えば子供の頃、親に「勉強しなさい!」と言われ、
「今、やろうと思ってたのに・・・ああ!もうやる気なくなった!」
と言い訳した記憶はありませんか?
人は、何かにつけて言い訳ばかりして、やらない言い訳をするのがとてもうまくなります。
僕とて同じです。
(いつもえらそうな事を書いてますが、僕は大した人間ではありません<(_ _)>)

でも、それは逃げているだけ。
人は逃げれば逃げるほど、不幸に近づいてしまうように出来ています。

僕たちの「手」は夢をつかむために付いています。
この手を、暴力に使うものは、夢はつかめません。
使い方が違うからです。

人工透析という現実は甘いものではありません。
逃げ出したくなるのは当然です。

でも、どんなに逃げても、この人工透析が付きまといます。
逃げ道は最初から無いのです。
人工透析をよく知らない人は簡単に
「じゃあ、腎移植すればいいじゃないかっ!」と言いますが、
じゃあ、お前のを1個くれ!と言えば引き下がります。
例え移植しても、障がい者1級はそのまま。
やがては、透析に逆戻りする可能性が高いです。(それでも移植申請はしたほうが良いです。一時的でも透析から免れる事ができますから。しかし、それまたしんどい道ではありますが)

歯を食いしばり泣きながらでも立ち向かうしかありません。
立ち向かわぬ限り、苦しみしか無い世界こそが、今、我々がいる世界です。

心に魔法をかけましょう。
心には無限の力があります。

あなたは強いです。
越えられぬ試練は襲ってきません。
あなたに超えられる試練だからこそ襲ってくるのです。

「おお!俺は(私は)結構評価されてるな。よし!では乗り越えてやりましょう!」
口に出して言ってみると、何だか勇気が湧いてきます。

今まで吹いていた向かい風が、一気に追い風に変わりますよ。


↓↓↓1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
↓↓↓こちらも1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです

人工透析 ブログランキングへ

神の話、心の話

どんなトラブルが起きても微動だにしない。
そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。
弱音を吐かず覚悟を決めて。
( 美輪明宏 )

さて、宗教的なのが苦手な方はスルーして下さいね。

軽くおさらいですが、
天を仰いでも「神」はいません。
「神」はあなたの心の中にいます。
あなたが何を考えようが、何をしようが「神」は全てお見通しです。

「神」に何かをお願いしても、聞いてはくれますが、何もしてはもらえません。
「神」はあなたの心の成長だけを望んでいます。
そのため、あなたに「試練」を与える事はあります。

これが「神」の教えです。

そして、逆境の多くは自分自身で生まれる前に設定しているものです。
自分の心を自分で磨きやすくするために。

美輪さんの言葉は、これらを踏まえると分かりやすいです。

つまり、今の透析患者という逆境に対して微動だにしなくなるまで、あなたの人生が続く事を指しています。
覚悟が必要なんです。

覚悟が定まっていないから、人工透析ごときで苦しまなきゃならないのです。
覚悟を決めて下さい。
弱音を吐かずに。

それは簡単ではないでしょう。
良いです。
泣いて下さい。
今の自分の置かれた環境を呪って泣いて下さい。
泣きつくせば、後は覚悟が決まります。
あなたの「心の神」が反応します。

心を磨いていけば、「心の神」もパワーアップします。
「心の神」がパワーアップすれば、何事にも動じない心へと成長しやすくなります。

見栄、虚栄心、そんなものは捨てて下さい。
ありのままでも、何も恥ずべき事無き自分をプロデュースして下さい。

偉ぶらず、下手に出る事もなく、中道を歩んで下さい。
明るく、笑顔でいて下さい。
笑う場面では、笑って下さい。
声を出せる場面ではアッハッハ!
声を出せない状況ではクックック!

自分の「心の神」に正直に生きて下さい。
「試練」に立ち向かい、それでも笑える人には、やがてわずかな光が見えてきます。
あなたが進むべき道が指し示されています。

その道を真っすぐに進むだけです。
ここまでくれば簡単です。

さあ、これができますか?
あなたが生まれてくる前に選んだ「人工透析」という道は、かなりの険しい道です。
心を乱しながらでも、少しづつ心を磨いて行きましょう。

あなた自身が、越えられると思って設定した「試練」です。
必ず越えられます。

笑う事が体に良い事は、科学的にも、医学的にも証明されていますよ。
どうか、自分自身で悪いものをおびき寄せないで下さい。

言葉には魂が宿ります。
良き言葉も、悪しき言葉も、必ず自分に跳ね返ってきます。

こんな病気をしていても、まだ生きているという事は、それなりの意味があるからです。
胸に手を当て「心の神」を感じて下さい。
あなたが強く生きたいと願うなら、なにかのひらめきがあるでしょう。


筆者が若き頃数多くの宗教から学び取った、まとめ的ものです。現存するどこかの宗教に特化したものではありません。僕はどの宗教のも属しておりません。家は浄土真宗ですが。

↓↓↓1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
↓↓↓こちらも1日1回クリックしてランキング投票して頂けたら嬉しいです

人工透析 ブログランキングへ

闘う人工透析患者になろう!12

「神」なんていない!っていう読者さんはいるでしょうか?
うううん。
見た訳じゃ無いからそれも仕方ないでしょう。
僕にしたって、半信半疑なんですから。

でもね、その理由が「だって、何にも願いを叶えてくれない・・・」だったら、それはちょっと誤解しています。
前にも書きましたが、
天を仰いでも「神」はいません。
「神」は心の中にいます。
「神」が望んでいるのは、人の心の成長の1点のみです。
心を成長させるために「試練」を与える事はありますが、「願い」は聞いてくれません。

それが「神」なんです。
人が人間的に成長するには「不幸」が1番なんです。
苦しい時ほど、人は考え、行動し、そこから脱却しようと頑張ります。
時々、「不幸」に負けて愚痴だけになる人もいますが・・・。

心の中からあなたを見てますので、ごまかしは効きません。
全部見透かされています。

「透析」になった事は、決して楽しい事ではありません。
悲しく、辛い現実だと思います。
だけど、「透析」になったあなたは「神がかっています。」

「神がかる」というのは、良いほうのイメージで使う方が多い言葉ですが、本当は違います。
例えば、スポーツ選手が大舞台で突然大活躍を繰り返したり、営業マンが難しい契約を度重なって成約させたりした時に「あいつ、神がかってんなぁ!」と使うのが一般的です。

しかし、本当は度重なる「試練」を受けてしまう事を「神がかり」と言うのです。
成功の方の「神がかり」というのは、単にそれまでその人が努力してきた事が「花開いた」結果であって、別に「神がかって」いる訳ではありません。

度々「試練」を受け、苦しい思い、悲しい思いをたくさんする事は大変です。
でもそれは「神」の期待を一身に受けている事を指しています。

あなたを「成長させてあげたい!」
そういう「神」の意思が働いています。

アハハハッ!(^^)/
そんな苦しい試練なんか嫌だ!
という人が大半でしょうか?

まあ、そうでしょう。
僕だってしんどいのは嫌です。

日本に生まれ、「人工透析」をする・・・、
生まれてくる国によっては、「透析」という手段を用いず、すでに腎不全で死んでいる可能性だってあるのですから・・・。
何のためにこんな病気と闘わなきゃいけないのか・・・?
もっと真摯に考え、立ち向かう必要性があります。

なにも節制や、健康管理だけが大事ではありません。
それも重要ですが、心の成長の方が大事とも言えます。
「病は気から」という言葉もあります。
気持ちが歪むと、体も歪みます。
このパターンは、自分で「不幸」をおびき寄せてるだけで、「神がかり」とは違います。

「人工透析」という治療を受けている患者さんの中には、それまでの病気の経緯の違いから、難しい病状になって苦しんでいる人も多いと思います。
僕が軽はずみに「透析なんて楽勝だ!」なんて言うと、カチンとくる方もいらっしゃるでしょう。
おっしゃる通りです。
僕の周りにも様々な患者さんがいますので、よく分かっています。
それでも僕は「透析なんて楽勝だ!」と言うのです。
心が歪むと体も歪む事に早く気付いて欲しいからです。

「透析」なるって事は嫌でも「神」に愛されまくっている可能性が大です。
「神」はあなたの心の中から、あなたを凝視しているかもしれません。
もう、ホントに見られまくっていますから!

我々、透析患者は「神」に愛される選ばれた人種なのです。
もう、頑張るしかありません!!!

闘う人工透析患者になろう!11

この世に「バチがあたる」とかは無いんですか?
私は若い時、ちょっとヤンチャしてまして、今透析になっているのはバチがあたったような気がしています。

(匿名さん・61歳・透析7年)

「バチが当たる」、「天罰」、「因果応報」、
全て存在します。
どれも宗教的には「借銭済まし(しゃくせんすまし)」と言います。(宗派によって呼び方が違います。)

「闘う人工透析患者になろう!9」では、我々透析患者は、この肉体を選んで生まれてきた・・・と書きましたが、確かに中には、「天罰」や「因果応報」で透析になった人もいるのではないでしょうか?

透析になっても頑張れている人は、「みたま磨き」のためにこの肉体を選んで生まれた可能性が高いですが、頑張れない人の中には、「借銭済まし」の為、透析になった人がいるのかもしれないですね。

人は些細なことでも悪事をなせば「借銭済まし」が襲い掛かかってきます。
罪の重さに関しては、この世の刑法とは少し違っていて、肉体を傷つけるより心を傷つけるほうが、罪が重いかも知れません。
例えば「殺人」であれば殺したことよりも、被害者の家族や友人達に精神的ショックを与えた事のほうが、罪として大きくなります。

「借銭済まし」とは、生きている間に、悪事の借りを返す・・・といった意味合いがあります。
皆さんの心の中に神はいますので、何を思っているのかさえ神はすべて御見通しです。
そして、プロセスよりも結果のほうが大事です。
良かれと思ってやった事が悪い結果を生んでしまい、人の心を傷つけてもやはり「借銭」が溜まります。
風邪をひいても、高熱がでたりするのは、「借銭すまし」なのかも知れません。

むしろ我々が、生きている間に「借銭すまし」できるのは幸運です。
生きている間に悪事の借りを返し終わっておけば、死んでも1段下の世界に落とされる事はありません。
楽な世界で30年~100年の休息が与えられます。
人が、人生の最後に大きな病気をしてしんどい思いをするのは、ある意味仕方ありません。
心の神が、死んでしまう前に必死に「借銭」を返してしまおうとしてくれている証拠です。

問題なのは、生きている内に「借銭」が返しきれなかった場合です。
死んでしまった時、まだ「借銭」が残っていると、死後の世界ではその8倍の借銭を返さなければならなくなります。
1段下の世界で8倍ですから、透析なんて比べものにならない程、しんどい思いをさせられますよ。

心の中に神はいます。
何かある時は胸に手を当て、心の神を感じて下さい。
神は基本的に「試練」以外は与えませんが、時々気まぐれで「何がしかのヒント」を与えてくれる事があります。
「みたま」が磨けている人ほど、そのヒントに気付きやすくなります。

宗教的な話は取っ付きにくいという方もいるでしょうが、
「みたま磨き」、「借銭済まし」、「神は心の中にいる」
といった事を知っているだけでも、神の恩恵は受けられるんですよ\(^_^)/

闘う人工透析患者になろう!10

前章では、「みたま磨き」について書きました。
「みたま」は漢字では「身魂」、「御霊」、「御魂」と宗教によって字が違ったりしますので、便宜上「みたま」と表記しました。
僕自身は何教にも属しておりません。(家は浄土真宗です)
若かりし時に手塚治虫さんの「ブッダ」を読み、そこから宗教に興味を持ち、仏教、般若心経、親鸞、法然、浄土真宗、聖書、キリスト教、スウェーデンボルグ、日月神示、出口王仁三郎、出口直、陽気暮らし(天理教)、幸福の科学、創価学会、ユダヤ教と興味を持って本を読んだり、セミナーやイベントに参加したりしました。

まあ、知識だけのもので、日本人は無宗教である事(家の宗教はまた別として)が良い方にも出てますので、(宗教戦争とかが無い)僕自身も特にこだわりはありません。

「心の教え」としては、ほとんどがほぼ同じです。表現方法が違うだけです。
しかも、小難しい言葉のオンパレードで、いきなり本格的な事を言っても、現代人は理解しかねます。
般若心経やスウェーデンボルグを読んでみれば分かると思います。
初心者が読んでも何の事やらチンプンカンプンだと思います。

ですので、僕なりの表現方法でかなりかみ砕いています。
ご了承いただければと思います。

そもそも、最近問題のイスラム教にしたって(ちょっとしか読んでませんが・・・)、表現が違うだけで、言ってる事に大差ありません。
解釈が一部の人達に変な風に取られているだけです。
「目には目を歯には歯を」とか「右の頬を打たれたら左の頬を出せ」とかは宗教用語です。
こんな攻撃的な表現があるくらいですから、勘違いして「戦争大好き人間」になっても仕方ありません。
だって、宗教なら「右の頬を打たれたら、何で打たれたのか尋ねて、自分が悪いと感じたら謝りなさい」とか言いそうでしょ。
「左の頬」を出して、相手が手を出そうものなら、逮捕されて有罪になっちゃいますよ。
相手をおとしいれる気か!
「目には目を・・・」に関しては、「じゃあ、自分の家族が殺されたら、相手の家族をブチ殺してしまえ!」になっちゃうじゃないですか!
本来は、「目には目だけにしておきなさいよ」という初歩的教えに過ぎないんですが・・・。
要は、「倍返しだ!」は反則ですよ、という意味です。
とかく人はアダを受けたら、それ以上のアダで返しがちです。
それを戒める言葉に過ぎません。

ところで、神の中には「戦争の神」というのが存在します。
「神」と言っても、本来の神の意味ではなく、この「地球世界」に戦争や地域統一が必要な時、地獄から呼ばれてこの世に生まれてくる戦争の達人の事です。
織田信長や豊臣秀吉、徳川家康、曹操、劉備、孫権、ナポレオンにヒトラーなどがそれに当たります。
総勢100人(100魂)はいるでしょうか。
人は生まれ変わります。
それを証明する方法が1つだけあります。
曹操⇒織田信長⇒ナポレオン⇒ヒトラーは同一の魂です。
違う国の人間でありながら、戦術、戦法が全く同じです。
それぞれの人物を徹底的に研究すると、よく分かります。
時代が違うので兵器の種類は違いますが、新しい兵器好きである事も同じです。
また、1つの失敗から多くを学ぶ事、人事は家柄よりも能力を優先する事、部下に歴史的人物級の大物が多く集まって来る事、古い文化を嫌い新しい文化を築く事、何を取っても同じです。
また、時代に合った画期的な政治手腕もあります。
そして、最後まで完遂できないのも同じです。(自信過剰で最後に失敗する)
この魂がある程度の道筋を作ったら死んで、後を引き継いだ者が世界に安寧を与えています。
これも同じです。

もしも、今の世に「織田信長」が生まれて来たら、10年もあれば世界統一を果たしてしまうでしょう。
逆に言えば、今の時代には「信長」は生まれてきていません。(たぶん)
これは、今の「地球世界」に戦争が不要だからです。

人は成長する生き物です。
今は過去の多くの戦争から多くを学び、調和していく時代に入っています。
つまり今の世なら、戦争なんかではなく、政治で世界統一が出来ると「神」が感じています。
まだ、力による統一が必要なら、とっくに「織田信長」が生まれているはずなのです。
地球連合国とでも言いましょうか・・・、その産みの苦しみの時期に来ています。

おおおぉ!
大きく話がそれてしまいました。(笑)
人は死んでも輪廻転生がある事を証明したかっただけです(笑)。
現在が地球連合への産みの苦しみという話は、他の本格的宗教ブログを読んで頂ければと思います。
必ずどの宗教でもそう匂わせる独特の表現で語っていると思いますよ。
(またいつか、このブログでも書くかもしれませんが・・・)

透析患者は「死」の恐怖をある程度克服しなければなりません。
あまりに「死」に恐れを抱くと、透析を長く続けるにはマイナスです。
透析を長く続けていくと、多くの仲間の「死」に直面します。
「次は自分の番かも・・・」と、徐々に悪くなっていく体調の中、不安がつのります。
そして、その不安が人間性を知らず知らずのうちに、偏重させるきっかけになるかも知れません。

10年以上透析を続けている実に8割の方が、透析10年前後に体調の大幅な異変を感じているそうです。
それまでは何もなく順調に透析を続けていたのに、10年過ぎた辺りから突然体調が悪くなり、透析が苦痛になったという話をよく聞きます。
これは、「虚血性心疾患」の影響が多分にあるかと思います。
透析3年の方100人からデータを取ったところ、61人に軽度の「虚血性心疾患」が見られたという話もあります。
しかも61人中59人には自覚症状が全く無かった・・・という事です。
10年も透析を続ければ、かなりの方が軽度の「虚血性心疾患」になってると思われます。

僕の知り合いの透析患者の方にも15年間は何事もなく、本人も
「透析なんて大した事無い!」と言っていたんですが、突然16年目に心臓が悪化して、開胸手術をし、そこから1年で亡くなられた先輩患者がいました。

あまりに順調に透析出来てしまうと、だんだん透析をナメてしまい、節制が甘くなったりするものです。
そして、1度歯車が狂うと、中々元に戻せなくなります。(正に僕の事ですか~?)

節制が甘くなり、「死」の恐怖があり、体調も10年過ぎて悪くなる・・・。
そんな時こそ心を強くして、透析と闘わなくてはなりません。
どんな人にも「限界」はあります。
透析はその限界を超えていく病気です。
「みたま」を磨き、心を強くし、立ち向かいましょう。
最後の時、「よく頑張った!」と自分で自分を褒められないような生き方では、死んだ後、大変な事になりますよ。

闘う人工透析患者になろう!9

このところ、重かったり、暗かったりする話題に触れてきたので、
今回はもっと前向きな話をしたいと思います。

「人は死んだらどうなるの?」
よく聞かれます。
しかし、死にかけた事はあっても、死んでしまった事は無いので分かりません。
ただ、宗教の勉強を若い頃にした経験がある僕は、宗教的な答えを持っています。

そもそも、死後の世界を理解するには、宇宙的な規模で考えないといけないんです。
神霊界は、11個の世界(宗教によって数が違います)からなります。
分かりやすくするためにタテに11世界が並んでると考えて下さい。(11段の階段のように考えると良い)
我々がよく聞く「天国」が上の8世界、地獄が下の3世界です。

そして、この我々が現存する「地球」世界は、なんと下から3番目なのです。
つまり地獄の最上階となります。
我々の世界は「地獄」なんです。

この世が地獄であるからこそ、しんどい事が多いのです。
1層上は苦しい事や辛い事、痛みとかも無い世界で、この世の楽しいと思える事だけの世界となります。

そして1層下は、この世から楽しい事や嬉しい事を差し引いた世界となります。
この世の苦しみや悲しみだけの世界です。

この11世界の存在を信じろと言っても、見た訳ではないので無理かもしれませんが、まあ、「仮説」の一つとして読んでいただければ・・・と思います。

「神」は人の心の中にいる・・・という話は前にもしました。
元来、人は「神の滴」から生まれます。
1滴から約10万人の魂が生まれます。
心の中の神はこの滴の事です。

この1つ1つの魂を「みたま」と言います。
「神」は1人1人がこの「みたま」を磨き、神霊界の最上階まで登って来る事を望んでいます。

我々の使命はこの「みたま磨き」なのです。
「自分の良心に従って生きる」事がその「みたま磨き」の第一段階でもあります。
「心の中の神に従いなさい」という事です。

人は死ぬと、この「みたま」がどれだけ磨けたか・・・が問われます。
その度合いに応じて、あなたが次にどの階層に進むかが決まります。
自殺した者は、また即座にこの世に生まれてきます。
しかも、前回より少し悪い境遇の元に生まれてしまいます。
「神」が「死」と認めてくれるのは、生をまっとうした者だけです。

そして、死んだあと、約30年~100年間は楽な世界で休息できます。
ただし、「みたま」が磨けなかった者は即座に1段下の世界に生まれます。
我々のいう「地獄行き」という事です。

休息後は、「神」に今度はどのような「みたま磨き」がしたいかのプランを提出し、認可がおりればまたこの世に生まれてきます。
実はあの世では、この「地球世界」は誰もが生まれたい世界の第1に挙げる人気の世界です。
楽しい事と苦しい事が混在する世界は、「みたま磨き」に最適だからです。
そのため、「みたま」をしっかり磨いて魂が大きくランクアップする人も出ますし、逆に大きくランクダウンし、最下層にまで転落してしまう人も出ます。
ハイリスクハイリターンです。
我々は、「みたま」のジャンプアップを狙って、この世に生まれて来ました。
全ては休息中に自分で選んでいます。
よく、「親は選べない!」などと言われますが、実はちゃっかり自分で選んでいるのです。
ちゃんと、自分で「誰から生まれるとみたまが磨きやすいか」を考えて生まれてきます。

大体の人は、自分の「ソウルメイト」から生まれようとします。
「神の滴」1滴から10万人の魂が生まれますが、同じ滴から誕生した10万の魂が「ソウルメイト」です。
家族間に妙な連帯感があるのは、「ソウルメイト」だからです。
ただ、時々、「みたま」のジャンプアップを狙いすぎて「ソウルメイト」以外の人から生まれようとする者もいます。
それが、最悪の事態になった場合、どんな事になるか・・・想像できますよね。

ちょっと説明がおおざっぱなので、ちゃんと理解してもらえたか心配ですが、我々透析患者は、実はそうなる事が分かった上で、この肉体を選んで生まれています。
間違いなく、魂のジャンプアップを狙ってこの肉体を選んで生まれてきたのです。

と言うのも、苦労の少ない人生では「みたま磨き」に不向きです。
人工透析を頑張って行っている人は、それを本能的に感じて、歯を食いしばって頑張っているということです。
すべて、自分で選んだ人生ですから・・・。
頑張れず、心を病んでしまう者は、長い人生の中で、そんなものはすっかり忘れてしまっているのでしょう。
せっかく、「みたま磨き」に向いた人生を選んでいながら、自分で台無しにするとは・・・。
そんな人はこの世で散々しんどい目にあって、死んだら1段下の世界にいくだけです。

これは、あくまで宗教的な話に基づきます。また、宗教宗派によって、解釈や考え方も違います。
あくまで筆者が多くの宗派を学び得た、「まとめ」的考え方ですので。

信じるか信じないかはあなた次第です。
(関さん、ごめんなさい。便利な言い回しなので、勝手に使わせていただきました)

透析って精神面が大変だ!5

「自分の良心に従って生きる」というのは、そんなに難しい気がしないんですが・・・(matuさん・千葉県44歳)

おおぉ。なるほど。
ちょっと僕の説明が不足してたようですね。
「自分の良心に従って生きる」事はメチャクチャに難しいです。

僕ら、日本人は、何がしかのグループに属して生きています。
学校や会社やコミュニティなどです。

例えば、僕は営業の仕事をした事があります。
「これは素晴らしい商品だ」と思う物を営業する事もありますが、
中には「こんな何の役にも立たないまがい物に金払わすんか?」と思うようなものを売らされる場合もあります。
自分が食っていくために、会社の言う事を心ならずもやる事は、すでに自分の良心に反しています。

このように、社会の中で生きていくには、「悪い」と分かっていても、場合によってはやらざるを得ない事が多々あります。
「これは、謝ったほうがいいな」と思っても、タイミングを逃し、謝れないままほったらかしになってる事はありませんか?
これも自分の良心に反しています。
立場上、謝りたくても謝れない場合もあるでしょうし。

「これは悪い事だ」と分かっていながら、みんなもやってるから「まあ、いいか」とやってしまった事は無いですか?
これも自分の良心に反していますよね。

だって仕方ないじゃないか!
と言いたくなりますが、このような事でさえ、良心に反すれば「神」はOUTと判断してきます。

どうですか?
「自分の良心に従って生きる」のは、とてつもなく難しいです。
そんな事をしたら、コミュニティからは仲間外れにされ、会社はクビになり、大変です。

人は自分の良心をごまかしながら生きています。

ところが、ごくまれに、自分の良心に従って生きている人がいます。
僕も人生の中で少なくとも2人出会いました。

そういう人は、同じ人間とは思えないような、独特の雰囲気があります。
安心感というか、「この人の言う事を聞いておけば間違いない!」と感じさせる何かがあります。
良心に背かないからこそ、心に宿る「神」がレベルアップしているのだと思います。
その人からは「負」の空気を感じません。
場がパッ!と明るくなり、また会いたい感覚になりますね。

別にどこかの高宗であるとか、超能力者であるとか、なんとか教の教祖とかいう人ではなく、普通の一般人です。
ただし、社会的信用や、人望の高さは2人とも相当な方です。

そういう人間の格の違いを感じさせる人と出会ってしまうと、自分のちっぽけさを思い知らされます。
ガックリになります。

そして、それが大切です。
己を知り、心の成長を促せます。

透析患者は心を蝕まれます。
頑張っても治らないというのがネックになっています。
2~3年頑張れば治るのなら、9割以上の人が頑張れるでしょう。
決して良くはならない病気の為に努力するのは、まっぴらだ!
と言うのも分かります。
バカバカしいですよね。
でも、お天道様が見ている訳ではありません。
「神」は心の中にいます。
すべて御見通しです。
この、苦しい環境の中で、あなたはどんな生き方を選択しますか?
僕はいつだって、心の大きい人間になりたいと思ってますよ。

(なかなかなれませんが・・・笑)

透析って精神面が大変だ!4

ブログって面白いものです。
ブログも50記事を超えてくると、書きたい事がスムーズに書けた時もあれば、思うように書けない時もあります。
後者に比べ、前者はアクセス数が格段に増えます。
いやあ、皆さん、目が肥えてる・・・。

「ブログ飯」の染谷さんが言ってた事が身に沁みます。
本気で必死に書かないと読者は減っていくぞ。
今日くらいはテキトーでいいや・・・みたいなブログは魅力無いからな。
逆に本物は必ず生き残る。

まさにその通りです。痛感してます。
だから、僕も気合い入ってますよ。(一応、プロブロガーを名乗ってますから笑)

さて、「透析って精神面が大変だ!」の章ははっきり言って不人気です。
まあ、当然でしょう。
わざわざ、透析ブログを読むような方は、前向きな方が多いみたいです。
精神面で多少の苦労があったとしても、そんなの苦労の内に入らない!っていう方ばかりなんでしょうね。

なので今回は一段高い精神面を書こうと思います。

前にも書きましたが、皆さんは「死ぬ」事が怖いですか?
全く怖くないって人は、ある意味とんでもない人かと思いますけどね。
まあ、ほとんどの人は「死ぬ」のは怖いと思います。

「死」を「逆襲!」の理念で言うと、
「死後の世界が初めて見れるぅ~。楽しみぃ~!」ですよね。

これならむしろ、「死」の恐怖どころか、早く死にたい・・・みたいになってしまいますが。
あくまで、「死」の恐怖を軽減するためのおまじないくらいに考えて下さい。

実は、同じ透析をしていても、
死ぬのが怖くて頑張っている人と、
やりたい事がまだまだあるから頑張っている人では、
根本的にレベルが違います。

何度も言いますが、透析は延命治療です。
本来なら、あなたはすでに死んでいます。

つまり「透析」という手段で、おまけの人生を生きているだけです。

このおまけの人生を無駄に過ごしてしまったら、
あなたは後悔しませんか?

また、やりたい事が、自分の欲望の為にっていう人と、
世の中の役に立ちたいっていう人では、
さらにレベルが一段違います。

そして、その目的を達成するために、まだまだ死にたくない!といって、透析も頑張ろう!というのは、素晴らしい事です。

あくまで僕の印象ですが・・・
善人は早死にし、悪人は長生きしてる傾向にあるような気がします。
また、善人でも、この世にまだまだ必要な人もなかなか死ねない傾向にあるような気がします。
また、長生きしてる悪人は、晩年にこっぴどい病気になり苦労してる気がします。(しかも、なかなか死ねずに)

宗教的に考えると、これは当然の事で、宗教上は「あの世」だとか「この世」だとかの線引きがありません。
人は死ねばまた次の人生を生きる・・・というのが宗教です。
今世で学ぶ事が何も無くなった人は、来世を生きるべく死に、
今世で学ぶ事がまだある人は、肉体がボロボロになってもなかなか死ねない。
という考え方なんです。

そして、悪人でありながら早死にしてしまうと、次の人生では最初からハンディキャップを背負う運命となります。
善人でありながら世に必要なために長生きしてしまうと、次の人生でアドバンテージを受けます。

そして、その善悪の判断基準は「自分の良心にしたがって生きてるかどうか?」です。

空を仰いでも、「神」はいません。
「神」は各々の、心の中にいます。
だから、何か悪い事をしたら、反省したり、落ち込んだりするのです。
心の中に「神」がいるからです。

悪い事をしても、なんとも思わない人は、心の中の「神」が死んでしまってます。

「神」に何かお願いをしても無駄です。
「神」が人に望んでいるのは、人の「心の成長」の1点です。
人が順調に「心の成長」をするために、「試練」を与える事はありますが、望みを聞いてくれる事はありません。

(筆者がこれまでに多くの宗教を学んできた主観です。あくまで特定の宗教に準じた教えではありません。)

とは言え、透析になってみて、愚痴をこぼし、食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲み、ボロボロになっていく人の気持ちが分からない訳ではありません。
人の心の強さは、100メートル走のタイムと同じ様に個人差があります。100メートルを9秒台で走れる人もいれば、どんなに訓練を積んでも13秒を切れない人もいます。
13秒の人に9秒台で走れと言っても土台無理なように、心の強さも強くなれない人もいます。
理解はできます。

でも、あなたはそれで良いのですか?

言っておきます。
あなたが透析にならない人生だったとしても、「試練」は次々に襲ってきますよ。
人が生きるという事は、大変な事ばっかりです。
もしも、「大変じゃ無い!」っていう人がいるとしたら、それは何もしてないからです。
人が何かを成そうと思ったら、面倒な事が次々に襲ってきます。

皆さんも健康だった時は、「試練」を一つ一つ乗り越えてきたはずです。
「透析」だって、その「試練」の一つに過ぎませんよ。

我々は、今、試されている最中なのです。
そして、「透析」をしている以上、すでにあなたは戦場のど真ん中にいるのです。

透析って精神面が大変だ!3

透析を始めて丸9年。10年目に突入している。
今日も透析では新人のスタッフさんが来て、先輩の指導を受けながら穿刺してくれた。
しかし、今僕がいる透析病院の若手スタッフ達は恐ろしく穿刺がうまい。
今日来た子はまだほとんど刺した経験が無い(患者には)はずなのだが、簡単に1発で刺してしまった。
この子も含めて、将来が楽しみな子達ばかりだ。
順調に育って欲しいし、ずっと透析に携わっていて欲しいと思う。

さて、今の病院でも少し気がかりな患者さんがいる。
透析が苦痛で苦痛でしょうがないらしい。

皆さんも経験があると思うが、透析を始めて最初半年くらいは、「何でこんな目に遭うんだ?自分以上の悪党なんか世の中いくらでもいるだろう」
そんな風に考えてしまう。
2年もやれば、透析が日課になってきて、当たり前のように透析に通えるようになるのだが。

その気がかりな患者さんは、もう8か月ほどになる。
そろそろ慣れ始めてもおかしくないのだが、どんどん精神面がやられてしまってる気がする。
毎日、ため息や舌打ちばかりしていて、なんか「悪運」を呼び込んでる感じがする。
透析も嫌だが、死ぬのも嫌らしいのだ。
死にたくないから何とか続いてるだけ。
このままでは「うつ病」か「精神分裂」でも起こしてしまいそうだ。
なので、僕も毎回声をかける。
最近の香川は紅葉がとても綺麗だ。
紅葉でも見て心を落ち着けて欲しいと思う。

透析に食事制限、水もろくに飲めない。
沢山食べたり飲んだりすると、透析の時、全部自分に跳ね返ってくる。
日常的に喉が乾いてるし、日常的に腹が減っている。
耐えるばかりの日常。誰でも嫌になるだろう。
だからこそ皆、楽しみを見つける必要がある。
しんどいからって家と透析だけの毎日だと、しんどいだけだ。
昨年の9月頃から僕は近所の神社の階段登りをしている。夏場はブヨやスズメバチの襲撃があるのでやめておくが、始めて以来、体調がかなり良くなった。
ウォーキングとかだと時間がかかるし続かないので、階段登りにしたのだ。
ついでにお参りもできて、一石二鳥だ。
短時間で足腰を鍛えられるし、心臓への負担が小さくて済む。

そして、このブログとパソコン入力の仕事だ。
11月28日にパソコンをスタートし、翌29日からブログを書き始めた。
この間、体重の増え幅が少ない。
夢中でやってるからだ。
水分摂取量がずいぶん減った。効果絶大だ。
ま、そのうち飽きてきて、「増え幅あり過ぎ~」とスタッフに突っ込まれる事になるだろうが・・・(笑)

モチベーションが上がりそうな事は何でもやるべし!
僕が透析を始めてから5年間は、月に一度腹いっぱいご飯を食べても良い日を作っていた。
前日、透析後の食事は昼夜兼ねて1食でいつもより少なくし、水分もほとんど飲まず、当日も朝は小さい🍙一個で我慢。
そのかわり、晩御飯は動けなくなるまで食う。(オススメはしません)
大好きなカレーライスを作って、本当に動けなくなった事があった。(笑)
それがモチベーションになればOKである。

とにかく、家でふさぎ込んでいてはいけない。何でもいい。
動けない人でもゲームとか読書とか、やろうと思えばできる事は多いのだ。
僕も読書しすぎて、すっかり唯川恵と東野圭吾のファンになってしまった。
透析仲間の中にも、図書館に入り浸っている人もいる。
旅行やドライブを楽しんでいる人もいる。
透析の無い日は毎日、地元の温泉に行く人もいる。
デイサービスを活用してる人もいる。
そうやって、楽しみを作っている人は、予後も良いような気がする。
まさに、病は「気」からなのだ。



にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村投票よろしくお願いします


人工透析 ブログランキングへ投票よろしくお願いします




■A8.netのセルフバックはPC&スマートフォンに対応!



 ◇ 自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲットできます

 ◇ ほしい商品も報酬も、両方獲得できてお得なサービスです

 ◇ 申込みするだけ!手間な作業はありません

 ◇ 自分のサイトを持っていなくても大丈夫です

 ◇ A8.netに入会すれば、すぐに利用できます

 ◇ もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません



無料会員登録はこちら

透析って精神面が大変だ!(2)

透析の細かいところは僕が書かなくても、他の透析ブロガーさん達が沢山紹介してくれてるので、僕はやっぱり精神面について述べますね。
2~3年頑張ったら治る! って言うなら、みんな頑張れるよね。でも透析は、10年頑張っても治らないんだな~、これが。それどころか年々悪化してしまうよ~。
皆さんはモチベーション保ててますか?
50年前の透析患者さん達はそんな苦しい中で活動して、10割負担だった透析を、今の負担額に変えさせたんだよね。
僕らもホントは、この先の透析患者さんの為に、何か残してあげとかないとね。
香川県の東の方は、透析病院が少ない。僕も送迎バスで1時間かかって通ってるしぃ。なので県や市議会、議員さんとかに透析環境の整備をお願いしてます。もちろん各病院の患者会も動いてくれてますけど。
しかし現時点では、透析スタッフ〈医師や看護師)が集まらなくて透析病院が作れない。県や市も苦戦しているみたいです。なんせ年々、患者数が増える一方だからね。どこも満床で困っている地域も多い。
まずは、スタッフの育成が肝心だ。皆さんもドンドン若いスタッフを育てよう!失敗されるのは覚悟の上で新人スタッフに穿刺させよう。(シャントや血管に問題ある人はベテランの方に穿刺してもらって下さい)
7年前、新人だった子が、今はエース的なスタッフに育ってます。結局は自分の為にもなります。ベテランは近い将来、定年退職してしまいますから!
そうやって、患者側からスタッフを育てていくのも、何かとモチベーションになりますよ。
まっ、向いてない若手スタッフもいるんだけどね。( ;∀;)

透析って精神面が大変だ!(1)

のっけからこんな話題だけど、透析ってキリが無い。

頑張っても、頑張っても、けっして治らない。

僕の場合も、すでに右腎摘出、更には心臓にステントが2個入ってる。

血圧が下がって、動けなくなることもよくある。

腎移植の申請もしてるけど、そんなのはずっと先の話だろうし・・・

一体何の為に、こんなしんどい思いしてるんだろう・・・

アハハハ!  笑い飛ばせ! 笑い飛ばせ! そんなもの!

苦しみなんて、噛み砕け! 噛み砕け! そんなもの!

消化して、消化して、自分の栄養にしてしまえ!

そうだよ。皆さんも闘おう。

仲間は32万人いるんだ。 負けちゃいられないよ。 闘おう。

キリが無いから、イライラするけど、笑って吹き飛ばそう。

先の不安から、心を病んでしまう人もいるけど、僕は負けない。負ける訳なんかない!

RSSブログロール
Subscribe with Live Dwango Reader
カテゴリ別アーカイブ
ギャラリー
  • 「透析患者の逆襲!」2年間の歴史に幕
  • 「透析患者の逆襲!」2年間の歴史に幕
  • 後ろには何もない。前にあるモノを掴みにいく!
  • なんか1日で結構進展した気になってますが(-_-;)
  • なんか1日で結構進展した気になってますが(-_-;)
  • 透析患者50歳からの仕事探し
  • 食欲が出て来た(*'▽')
  • 誰もやらなきゃ僕がやるしかないんですけど(-_-;)
  • 「助け」を求められない(-_-;)
  • 通院に3時間、透析に6時間、その意味はありそうだ(*'▽')
最新コメント
プロフィール

トシヒーロー

高校卒業後、専門学校を経て東京で就職。28歳の時にブラック企業で働き過ぎ、意識不明となり帰郷。その後、入退院を繰り返し、38歳で人工透析に。一気の無職への転落、無為地獄、襲いかかって来る合併症で心臓にステント2個、腎臓ガンで右腎摘出!2015年11月、父の他界を契機にパソコン1個で食っていくと覚悟を決めた50歳のおっさんのブログです(*'▽')

メッセージはこちらから
スポンサーリンク
記事検索
Facebookページ
↑トシヒーロー絶対推薦! 最強クラスと認めた透析ブログへリンク出来ます ↑鬼才ブロガー染谷昌利さんのサイトへリンクします。前向きな生き方、強い心、共感だらけの超努力家の方です。ブログ制作でもとても参考になる方です。 透析をしていると末梢血管が細くなり手足が冷えます。そこでキティさんの冷え取り商品レビューサイトを紹介します。色々工夫して手足の冷えに対応しましょう。
楽天





livedoor 天気
livedoor 天気
livedoor 天気
読みに来てくれた人数(*'▽')
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読んでくれたページ数(*'▽')
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ショップジャパン
カリカリマシーン
お名前.com
book-station
Twitter プロフィール
ツイッターで、当ブログの更新情報が発信されます。
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ
透析10年目のトシヒーローが 透析患者のライフワークを詩的に語る 透析と闘うブログです